エアコン掃除を自分でする方法。スプレー、洗剤の使い方は?

エアコン掃除もめったにしませんが、大掃除の時にでも・・・という気にはなりますよね。

そこで、今回は、エアコン掃除を自分でする方法、手順とコツ、スプレー、
洗剤の使い方と注意点等を、ご紹介していきます。

SPONSERED LINK

エアコン掃除の手順とコツ

1,エアコン本体
2,エアフィルター
3,本体カバー

の流れで、エアコン掃除をしていきます。

0.エアコンの下と周りに、ビニールシートを敷いて、エアコンのコンセントを抜いて下さい。

また、エアコンの吹き出し口にも、水が流れてきた場合に備えて大きなビニールで、
水が溜るようにしておきましょう。

1.エアコンの本体からカバーを外してください。

2.だいたい、送風口の近くにある本体カバーを固定しているネジを全部外して下さい。

3.本体のカバーを外して下さい。(必ず2.のネジを全部外していないと破損します)

4.電気配線部分(電子基板部分、モーター部分等)に、ぞうきんやコンビニ等のビニールを巻いて、テープをつけて下さい。水分等で濡れるのを防ぐためです。

5.エアコン専用の洗浄スプレーを、エアコン本体の表面の金属部分に、まんべんなく吹きかけましょう。

6.次に、下の風が出てくる所に、洗浄スプレーを吹きかけて、雑巾で拭きましょう。

7.エアコン本体の表面の金属部分のみに、たっぷり水をかけます。
 500ミリリットルのペットボトル、5杯~6杯です。

8.エアコンのフィルターを、掃除しましょう。

掃除機で、フィルターのごみを取る時は、
外側から、掃除機をかけて下さい。

水洗いするときは、内側から、水をかけて下さい。

SPONSERED LINK

9.本体カバーを、水拭きしましょう。

10.エアコン内部が乾いたのを確認しましょう。

11.エアコンの本体カバーを、定位置に戻しましょう。

12. 5分くらい試運転をしましょう。

試運転の最中には、水分が飛び散ります。
吹き出し口の下で、タオルを広げて防御しましょう。

スプレー、洗剤の使い方と注意点

普通に使ってもらえばいいのですが、
エアコン本体の表面の金属部分のみに、かけてください。

電気配線部分(電子基板部分、モーター部分等)は、水分厳禁です。
一発で、壊れます。

また、エアコンの上の方のプラチックの所には、かけないでください。
洗剤が垂れてきます。

また、オススメは、スプレータイプです。

アースエアコン洗浄スプレー 無香性 【HTRC2.1】

これが一般的ですね。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回は、エアコン掃除を自分でする方法、手順とコツ、スプレー、
洗剤の使い方と注意点等についてご紹介させていただきました。

エアコンのお手入れの仕方は、ご理解いただけましたか?
少々手間とリスクがかかりますが、やり終わった後の達成感は、
ひとしおのものがあるでしょう。いい汗がたくさんかけます。

最後に、水をさして申し訳ないのですが、
上記に記載している内容でクリーニングした時に、
万一、エアコンなどに何らかの不都合が生じたとしても、
当方では、一切責任を負いかねます。
必ず、自己責任でお願いいたします。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>