忘年会の案内メールはどう送る?新入社員から社内全体へ送る場合。

一年を締めくくる忘年会。大変重要なイベントですよね。
社会に出て間もない新入社員幹事さんにとって
忘年会の場所の確保、案内メールの手配等々
とても緊張してしまうのではないのでしょうか。
今回は、案内メール作成に役立つ内容を紹介したいと思います。

SPONSERED LINK

社内への案内メールのポイント、マナー、気をつけるべきことは?

最近では社内メールがある会社が多い為、
メールで案内メールを送る想定して書きたいと思います。

まず、最初にお伝えしたいのは、
メールの文章は残るもの。
失礼やミスの無い内容を書くように心掛けましょう。

・忘年会は多忙な時期ですから、
案内状は早めに出すようにしましょう。

年末は、何かと忙しい時期。気がついたら忘年会は目前に…
なんてことにならないように、なるべく早めに案内メールを
送るようにしましょう。

・役職等、宛名の書き方に気をつける。

社員みんなが見ている文章です。
役職等の抜けがないか気を付けて書きましょう。
宛名の漢字間違いも注意です。

・件名は要件が分かるように簡潔に書く。
忙しい時期です。どんなメールか一目でわかるように
分かりやすくて見やすい件名にしましょう。

・文章は読みやすく書く。敬語や丁寧語をしっかり使う。
社長や上司、同僚のみんなが見る文章です。
分かりやすく、きちんとした言葉で書きましょう。

・顔文字は使わない。

当たり前のことではありますが、お友達に送っているわけではありませんので

(・∀・) 、 \(^o^)/ 、 m(__)m

などの顔文字は使わないようにしましょう。

SPONSERED LINK

・宴会場の場所・日時を分かりやすく書く。
忘年会の案内メールなので、宴会場の場所や日時は必須です。
きちんと明記しましょう。

・差出人を明記する
メールの場合、署名などで確認出来ると思いますが、
マナーとして、名前を名乗ったほうが失礼がありません。

メール作成途中に誤って【送信】ボタンを押しちゃった…
というミスが起こらないように、宛先は最後の最後に入れる事が
ポイントです。

書き終えたメールは一時保存し、何度か読み返しましょう。
作成したメール文を印刷して読むというのも効果的です。

文面に必ず入れるべき項目は?

社内メールの内容は、
上のマナーと少しかぶりますが、

・簡単な挨拶文
・日時
・場所
・会費
・(参加の可否)
・幹事(差出人)

この内容が入っていたらいいでしょう。

文末に「何かありましたらメールにてご質問ください。」

と一文入っていると好印象ですよ。

使える例文・テンプレート

とは言っても、1から案内文を作成するのは大変です。

そんな時は、テンプレートや例文を活用しましょう。
短時間で、案内文が作成可能になります。

ここでは、参考になるテンプレートを紹介します。
http://email.chottu.net/example/in-office/annai4.html#474
参考にして下さいね。

まとめ

いかがでしたか。
テンプレートや例文を参考に
さくさくと案内メールを作成し、
忘年会を楽しく過ごして下さいね。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>年賀状の一言メッセージには何を書いたら良い?上司、会社への文例

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>