蓄膿症の手術、費用と入院期間(日数)はどのくらい?日帰りもある?

蓄膿症をそのままにしておくと、頭痛などその他の症状も併発してしまう恐れがあります。
できる限り症状は放置せずに手術で完治させてしまう事をお勧めします。
さて今回は、蓄膿症の手術は日帰りでもできるものなのか?
その費用はどのくらいかかるのかなど、蓄膿症の入院に関する
具体的な情報をお伝えいたします。

SPONSERED LINK

手術をしたら日帰りはできる?入院するとしたら期間(日数)は?

蓄膿症の手術期間は、医療施設、症状によっても変わってきます。
短くて日帰りの入院から、2泊3日、または、1週間から10日程度になることもあります。

実際には、術後の経過、状態が順調に回復してくれば、5日から一週間程度
といった期間が一般的だと思われます。

蓄膿症の日帰り手術ですが、病院によっては手術前に一度検査をして、
その後手術を実施し、日帰りで終わるケースもあるようです。

しかし、症状にもよりますので、日帰りでの手術が妥当かどうかは、
他の医療機関の見解を聞いてみる方が良いかもしれません。
少々時間がかかっても、確実に治した方が後々良い場合もあるからです。

蓄膿症の手術、費用は?(日帰りの場合)

蓄膿症の手術、日帰りの場合は、医療機関や症状にもよりますが、
健康保険が使えますので、診察料と手術費用とで約6万円程度が平均的です。
ただし、検査料金などが別途かかる事があります。
一度、最寄りの耳鼻科にお問い合わせいただくことをおすすめします。

SPONSERED LINK

蓄膿症の手術、費用は?(入院の場合)

健康保険に加入していれば、8万程度以上の医療費は返還されます。

仮に10日程の入院では数十万程かかる場合がありますが、高額医療の
手続きをしておくと、その分を引いた額で、数万円の支払いで済むと思います。
手続きをしていなくても、後日すればお金は還付されます。

まとめ

蓄膿症の手術費用と入院期間について、いかかでしたでしょうか。
症状や医療機関によって、費用や入院期間は変わってきますが、
大体一般的なところで、イメージして頂けましたでしょうか。

蓄膿症またの名を副鼻腔炎の手術は、内視鏡手術など昔と比べて技術も向上し、
入院期間も短期間で済むようになってきています。

入院の費用は高額医療制度もありますので、一度医療機関にお問い合わせ
いただくことをおすすめします。

症状が軽度であれば、薬で治ることもありますが、再発する可能性もあるとの事です。
より確実に治すには手術を行うことが最善の方法かもしれません。
これを機に検討して頂ければと思います。

※合わせて読まれている記事はコチラ
>>蓄膿症の手術方法ってどんな?痛みが気になる。後遺症はない?
>>鼻うがいが蓄膿症に効果的ってほんと?鼻づまりで吸えない場合は?

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>