エアコン暖房、温度の適正目安はどれくらい?電気代はどのくらい違う?

エアコン暖房の適正温度や温度による電気代の違い、ご存知ですか?
気になる冬の電気代節約について調べてみましたのでご参考にどうぞ。

SPONSERED LINK

エアコン暖房の適正温度ってどれくらい?

エアコンの適正温度を検索すると
「エアコンの設定温度は28℃で節電を!」
とよく出てくるので勘違いしがちですがこれは
夏の冷房・クーラーの場合ですので注意して下さいね。

省エネルギー性能の測定方法のあり方として
JIS性能表示で「室内温度は適温に保ちましょう
( 冷房は28℃、暖房は20℃が目安です)」と提唱されています。

室外温度が7℃のときに室内温度を20℃にした時の
能力を暖房能力と称しています。

暖房能力は室外温度でかなり差が出ます。
北海道や東北など寒い地域と温暖な地域では異なりますし
断熱性の高いマンションと木造や吹き抜けの家とでも差があります。

環境省が推奨する暖房時の設定温度20℃はあくまで目安として、
寒く感じた場合も重ね着や窓ガラスを2重3重にする、
遮熱カーテンをかけるこたつや電気毛布併用等
工夫すれば温度調整がスムーズに行えます。

意外と低いですよね?私は驚きました。
いつも25度位にしていましたので。

調整出来ない場合は22℃まで温度を上げると、
好ましい環境を(湿度50%、室内に風がない場合)キープ出来ます。

それ以上の温度に上げてしまうと外気との差が広がり
外に出ると温度差で身体に負担がかかりますし
電気代も上がってきます。

温度による電気代の違い

冬は適正温度20度でも温まりますが、
それでも寒いと感じると25度以上に設定していると思います。

POINT その設定温度を1度下げるだけで10%の消費電力を節約出来ます。
1日9時間使用するとしたら年間で1170円も電気代を節約出来るのです。

例:外気温6℃ エアコン暖房設定温度「21℃」→「20℃」に設定
年間では53.08kWhの省エネ、約1,170円の節約
(2.2kW 9時間使用/日)

状況によっては1年単位で考えると万単位で下げる事が可能
なのでこれはチェックしておいてソンはない筈。

SPONSERED LINK

電気代を節約するならどのくらいの温度にするべき?

真冬の電気代って請求書を見るのが恐怖!ってくらいに
1年のうちでも高くかかりますよね?
冬の方が夏と比較して室内気温と設定温度の差が大きいため
電気代がかかるのです。

エアコン暖房の設定温度は、消費電力に関わり
設定温度を1℃下げると、約10%の節電になるというので
その設定温度を見直す事によって冬の電気代を下げる事が出来ます。

先ほど「環境省が推奨する暖房時の目安」
適正温度は20度と説明しましたが、エコ・節約も同様
冬場暖房の温度は20度以下に設定しておくと
一番節電に繋がり電気代もお安くなると言われています。

睡眠の30分~1時間前に電源オフのタイマー予約をする場合
人間の快眠に最適な寝室の温度は、15℃~21℃とされていますので
20度より少し下げるようにすれば良いかと思います。
加湿器を併用し18℃~19℃くらいにする事も可能です。

温度を下げるほど電力も下がるので節約になるのですが
冷えてしまっては本末転倒。つけっぱなしになる恐れもありそう。
そこで温度調整以外に出来る節電をいくつかご紹介します。

・電気代を気にして最初から弱運転モードにするのはNG。

エアコンは設定温度にするまでが一番電気を使うので、
自動運転で一気に室温を上げてしまう方がが電気代はかかりません。
エアコンをつける時には自動運転機能を選択しましょう。

・フィルターの掃除はマメに

ほこりが溜まっていると暖め機能も低下します。
室外機も年一度でも良いので清掃を。

・ルーパーの向きを変える。冷たい空気は下にたまるので
冷房時のルーバーの向きは水平に、暖房の時は下に向けると経済的。
扇風機やサーキュレーターで空気を循環させるのも効果有。

・断熱シートやガムテープでドアなどの隙間を埋め
すきま風が入ってこないようにする

断熱フィルム利用の節約例の動画をリンクしておきます。↓↓

冬に断熱フィルムで3000円以上暖房費を節約したリアル奥様感想

まとめ

暖房費がかかる冬も電気代の節約が出来そうですね。
工夫をしながら寒い冬を乗り切りましょう!

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>