箱根神社と九頭龍神社の行き方は?パワースポットの効果、ご利益何が違う?

箱根の観光スポットで有名な箱根神社と九頭龍神社は、縁結び、恋愛成就、
運気上昇などで有名ですよね。

では、それぞれの神社、パワースポットとしての効果、ご利益にどんな違いが
あるのか、どのようにして行けば良いかなど、今回は箱根神社、九頭龍神社に
着目してみたいと思います。

SPONSERED LINK

箱根神社の特徴

箱根神社は箱根芦ノ湖の湖畔に位置しています。朱色の大きな鳥居が特徴の箱根神社は
箱根で人気の観光スポットの一つです。

箱根山の主峰神山には、箱根大神様と言われる三容の神様が存在します。
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)、
彦火火出見尊 (ヒコホホデミノミコト)がその三神様です。
箱根神社は、その神様をお祀りした神社なのです。

また、箱根神社は、関東の総鎮守大権現として、古くから名高い神社です。
開運や縁結びなどのパワースポットとして、非常に人気のある神社です。

九頭龍神社の特徴

箱根神社同様に、九頭龍神社は芦ノ湖東の湖上に鳥居があり、「九頭龍」が祀られています。
良縁の神として箱根神社とともに、多くの人が訪れる人気のスポットの一つです。

その昔、芦ノ湖に住む九頭の毒龍が人々を苦しめていました。
それをおさめるために、箱根神社の祖である、万券上人は湖中に石壇を築いて
法力をもって調伏させたところ、懺悔した毒龍は龍神に姿を変えて、
祀られたという歴史があります。

行き方は?

<箱根神社 電車・バスでの行き方>
箱根神社への行き方として、一つは、JR、小田急線の「小田原駅」からバスで約1時間、「元箱根」で下車して徒歩10分程度です。
また、JR、「三島駅」からバスで、約1時間、こちらも「元箱根」で下車して
徒歩10分程度でつきます。

自動者ですと、小田原厚木道路~箱根新道「芦ノ湖出口」を出てから約5分でつきます。
また、東名高速道路「御殿場IC」「沼津IC」からですと約30分となります。

<九頭龍神社の行き方 バス>
先ほどの「元箱根」バス停から「箱根園」バス停で降りて徒歩約20分程度でつきます。

<九頭龍神社の行き方 徒歩>
九頭龍神社本宮は、箱根神社から歩いて40分程の、「箱根九頭龍の森」の中にあります。

SPONSERED LINK

<九頭龍神社の行き方 モーターボート>
時期によっては、箱根園よりモーターボートを利用し、湖を渡って九頭龍の森に入り、
そこから徒歩5分程で九頭龍神社本宮に行く事もできます。
ちなみにですが、箱根園桟橋から箱根九頭龍の森桟橋への往復のモーターボート代は、
2,000円で、箱根九頭龍の森入園代がこの料金内に含まれています。

それぞれ何が違う?

箱根神及び九頭龍神社ですが、主に、開運や縁結びなどで有名な箱根の観光スポットです。
主な違いとしては、下記のように言われています。

<箱根神社>
箱根神社は、運開き・勝負の神として有名で、「商売繁盛」「金運」「勝負運」などの
運気アップスポットとして認知されています。

<九頭龍神社>
九頭龍神社は、特に「縁結びの神様」と言えばここ。と言われるくらい、
「縁結び」「恋愛運」などのご利益があるスポットとして有名です。

もっと詳しく言うと、箱根神社境内には、九頭龍神社の「新宮」があります。
不浄を洗い清められるという「龍神水」があるのもこの新宮です。

また、少し離れた場所にあるのが、九頭龍神社の「本宮」です。
ここでは「月次祭」(つきなみさい)というものが毎月執り行われています。
「月次祭」は毎月13日に行われるお祭りで、九頭竜神様よりいただいている
ご利益に感謝し、豊かなご加護があるように祈願する感謝祭です。

どんなご利益がある?

箱根神社、九頭龍神社共に、全国でも有名な開運隆盛のスポットです。
よく言われるのは縁結びなどで有名ですが、それだけではなく、金運守護、商売繁盛、
出世運、願望実現、健康運などバランス良く、全体的な運気を上げる事ができると
されています。

特に先ほども申しました、九頭龍神社の「月次祭」に参加されて参拝される事で、
運気が大きく変わったというお話はすごく多いですね。

まとめ

さて、箱根神社、九頭龍神社についていかがだったでしょうか。
どちらも由緒正しき神社で、全国から多くの方が参拝にいらっしゃっているようです。
実際にご利益があったというお話は非常に多く、一度行ってみる価値はあるかと思います。
ご検討の方は是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

※あなたにオススメの記事
>>箱根温泉観光おすすめスポット、おすすめのお店、お土産は?

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>