蜂の巣の駆除方法。自分でするのか役所でするのかの判断基準、料金は?

hatinosunokujyohouhou

蜂の駆除は自分で行えるのか、業者に頼むべきか、費用は幾らかかるのか
質問したいことは多いですよね。自分を含め、家族やご近所に迷惑がかから
ないようにしっかり対処したいと思います。

今回は蜂の巣の駆除は自分でやるのか役所に頼むかの判断基準と費用や
作業手順などを調査してみました。

SPONSERED LINK

蜂の巣の駆除方法。自分でするか役所にお願いするかの判断基準は?

まずは役所の対応です。これは市役所で様々なようです。基本的にスズメバチだけの
対応になります。他にミツバチやアシナガ蜂は対応しません。

では市役所などにお願いする場合の判断基準です。

◎空の巣かどうかを確認する

巣があるからと言ってすぐに依頼してはいけません。巣があっても全く蜂がいない
という場合があります。それはすでに蜂が巣立ってしまっている場合です。その場合
全く危険がないので放置しておけます。

◎スズメバチの巣かどうかの確認

基本的に蜂は何もしなければ攻撃してきません。益虫であることを忘れないように
しましょう。蜂は害虫を駆除してくれる益虫。逆に人間側のデメリットになります。

スズメバチは凶暴性が高いので駆除の必要性を検討できるでしょう。それ以外は
放置しておいても問題はないかと思われます。

◎巣が生活圏に近いかどうか。

人が行来きする場所に巣があれば問題です。人の周りを飛んだり、カチカチと威嚇
してくるようであれば近すぎます。この場合は危険なので依頼できるでしょう。

自分でやるかどうかの判断ですが、巣が小さいうちは大丈夫かもしれません。
しかし15センチ以上になると危険かもです。

大きさもそうですが、床下とか家の中、天井裏など家の中にある場合、対処法を
間違うと家族が大変なことになるので、業者に依頼した方がいいでしょうね。

SPONSERED LINK

蜂の巣の駆除方法。自分でする場合は? 高い場所にあったらどうする?

蜂の巣などを除去するスプレーはエアゾールなど色々あります。問題は高い所です。
幾ら噴射の力が強くてもたかだか3メートルほどです。そこで調べてみますと
スプレーなどをセットし長さを延長できる「エアロングセット」を見つけました。

最大で7メートル伸びる優れもので、屋根までいけちゃいます。脚立いらずで。
方向も変えれるので、メチャクチャ便利です。高いだけであれば棒を使えばいいの
ですが、スプレーを噴射しないといけないので難しいですよね。

しかしこのエアロングセットがあれば高い場所でも紐を引けば噴射できるので重宝
しますよ。通常は3メートルタイプからなので、高さによって選んでみてください。

蜂の巣の駆除を役所に頼む場合、手順や料金は?

市役所は基本的に駆除の業者の紹介です。上記の記事内容からしてスズメバチの
場合だけ一部費用を負担してくれる場合があります。後は自己負担です。

業者によって違うとは思いますが、一般業者の費用を以下に記してみました。

◎アシナガ蜂 13、000円

◎スズメバチ 14、000~24、000円

軒下や樹木の上など見える空間での費用です。天井裏などの場合は別途料金の
発生があります。基本的に見積もりが無料であったり、値段の相談もできます。

次に蜂の駆除の手順です。業者によって違うので参考までに見てくださいね。

蜂が帰ってきた後の日没後2~3時間後から作業開始

巣の近くは薄暗くし、足元を照らしながらゆっくり近づきます。

殺虫剤をスプレーする場所を確認。スズメバチは巣の入り口の穴。
アシナガバチは巣全体に。噴射をかけ終わるまでやめないことがポイント。

蜂が死んだことを確認した上で棒で突っつき巣を外します。
死骸でもスズメバチは刺しますので手で触れないようにします。

まとめ

今回は蜂の巣駆除の手順や費用、自分でやるか業者に頼むかの判断基準を
まとめてみました。下手したら死に至りかねない事態なので慎重に判断しましょう。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>