女の子の初節句、お祝いの金額相場は?品物は何をあげるのが良い?

hinamatsuri

初節句は、生まれて初めて迎える桃の節句や端午の節句。

母親の実家からひな人形・五月人形・こいのぼりなどの
節句飾りが贈るのが正式らしいです。

桃の節句=3月3日に
「 内裏雛だいりびな 」や「 雛人形 」を飾り、
「 ひなあられ 」
「 菱餅」
「 白酒 」等を供え、
「 ちらし寿司 」や「 蛤 」を使った料理を
祝い膳とするそうです。

女の子の初節句、お祝いの金額相場や品物についてまとめました。

SPONSERED LINK

女の子の初節句、お祝いの金額相場はどのくらい?

お祝いの相場を調べてみました。

祖父母が5万円~以上というのが、主流で
知り合いに聞いてみたところ、10万くらいだったという方も多かったです。

他の方々は、というと、

兄弟:5,000円から10,000円
親戚:5,000円から10,000円
友人:3,000円から5,000円
同僚:3,000円から5,000円

兄弟・親戚で言えば、
「 10,000円以上だった 」と
いう声も多かったです。

友人・同僚は上記の相場でよいでしょう。

ただ、上司が部下の、となると「 数万円 」という声も。

目安とご自身の懐事情とご相談して、気持ちをお伝えくださいませ。

女の子初節句、お祝いの言葉は何と伝える?

気持ちを大事に、
考えてみました。

初節句、お祝いの言葉 - その1 -

「 初節句おめでとうございます。
ご両親の愛情をいっぱい受けて、
すくすくとご成長されていることでしょう。
ご家族皆様の素晴らしい未来をお祈りいたします。 」

初節句、お祝いの言葉 - その2 -

「 桃の初節句おめでとうございます。
ひな人形のように可愛らしく、健やかに、
そしてのびのびとご成長されますようにお祈りしています。」

初節句、お祝いの言葉 - その3 -

「 初孫さまの初節句、おめでとうございます。
お二人の笑顔が目に浮かびます。
お健やかなご成長とご家族皆様のご多幸をお祈りいたします。」

初節句、お祝いの言葉 - その4 -

「 初節句おめでとう。
一緒に柏餅が食べられる日が待ち遠しいです。
早く大きくなってね。」

SPONSERED LINK

初節句、お祝いの言葉 - その5 -

「 初節句のお祝い、おめでとうございます。
我が家はご存じのとおりやんちゃ坊主しかいないので、
華やかな女の子のお節句はほんとうに羨ましい限りです。
お嬢様の可愛らしく健やかなご成長をお祈りしています。」

立場や状況によって異なりますが、
ご自身の思いも表現できると、
より一層、受け取る側も嬉しい気がします。

お祝いの品物にはどんなものがある?

女の子の初節句といえば、
「 ひな人形 」ですが、
5段飾りは約170,000円くらいになります。

最近の都心の住宅事情などにより、
小さめの飾りで済ませる事も多くなりました。

親戚・兄弟姉妹
友人・知人・同僚の方は、

衣類、
玩具類、
ギフト券、
節句にちなんで桃の花束、
手作りスイーツなど。

最近はカタログギフトなどの好きな品が選べるという利点も
喜ばれているようです。

親しければ、
ご両親の希望を聞いておけると安心ですね。

商品券やギフト券などを贈る場合は、
送り先の地域に、
使用出来る店舗が無い事も。
ご注意ください。

親戚の場合、
両家の祖父母が同じものを贈ることがないように、
母方と父方で、お伺い立てておく方がいい気がします。

雛人形は、
段の高さや大きさなど、
様々なタイプがございます。
住宅事情を考慮し、
事前にご両親と確認を。

節句飾りなどを贈る場合には、
節句当日よりも2~3週間前。
飾ることも考えて、
早め目にお送りする方がよろしいようです。

初節句のお祝い、のしの表書きは?

表書きは

「 御 祝 」
「 初節句 」
「 初節句御祝 」
「 初雛御祝 」
「 祝御初雛 」

水引やのし付き紅白蝶結びなど、
お忘れないように。
リボンを付けたラッピングをする場合は、
もちろん、「 のし 」は要りません。

まとめ

地域の違いなどによって
風習や慣わしが違う場合があるので、
旦那さんの実家の風習も伺いましょう。。
 
お祝いの相場は、 
多すぎても、少なすぎても
何よりも、
受け取る側の気を使わせないように、
ご自身の気持ちとお話ししてみてください。
相場、はあくまで参考です。
 
のおめでたい初節句
気持ち良くお祝いしたいです。

 

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>