部屋の物が多い。減らす方法、捨てる基準は?

heya-monoooi-herasu

引っ越してきたときは物がなかったのに、数年も住み続けると物で溢れてしまう。
気軽に買うことはできても、なかなか物って捨てられないものですね。

気に入った物を大切に使える部屋で、気持ちよく生活するために
物を減らす基準や手順を調べてみました。

SPONSERED LINK

部屋の物が多い。何から減らせば良い?

まずは、お部屋の一か所に物を出すことから始めるといいでしょう。
物が増えて、必要なものがすぐに出せないという場合は、
物の片づける場所が決まっていない。あるべき場所にないからだと言われています。

まずは、部屋に何がどれだけあるのかを確認し、いるのかいらないのかを順番に
判断していく方法がいいと思います。

部屋の物を捨てる基準(服、雑誌)

服は、シーズンが変わるたびに増えていくものですよね。
街に行けば、新しい洋服がキラキラ輝いて見えてつい手に取ってしまう・・・
女性ならば流行やトレンドは気になるし、バーゲンセールに胸を躍らせることも
あるでしょう。

つまり、毎年何回かは必ず新しい何かを買い足してしまうわけです。

どうしても足りなくて、または消耗品のようになくなって買い足したものでなければ
手元に物が増えたということになります。

SPONSERED LINK

部屋のものを捨てるタイミングは、新しくものを買ったときです。

服の場合は、流行もありますし、自分の好みやイメージが変わったときは処分するきっかけになります。

まだ、着れるからと取っておきたくなる服がある方は、保管場所を別に作っておいて1年たったら
処分する判断をくだすという方法もあります。

雑誌も同様に、本棚のスペースが確保できなくなってきたらリサイクルにだすなど
あなただけのルールを作っておくといいでしょう。

物が増えないようにするコツ、片付けのコツは?

コツは、「1年間着なかったら服は捨てる」です。
厳しいルールに聞こえますが、一年袖を通すことがなければ、その後着ることはまずありません。

実際1年で判断をすることが難しいアイテムもあると思います。
慣れないうちは、自分なりのルールを決めて処分するようにしてはいかがでしょうか?

例えば、1年使わなかったものはダンボールなどに詰めて部屋の邪魔にならないところに保管し、
さらに1年使わなかったら強制的に処分するといった具合です。

服に限らず、本やおもちゃ、バッグ、靴など。
それぞれ使用しなかかったものは、段ボールに分けているのかいらないのかを考えてみるといいでしょう。

まとめ

物を買うことは簡単ですが、捨てる作業は本当に勇気がいります。
最初は時間がかかるかもしれませんが、自分の物ときちんと向き合って片づけてあげれば
あなたの生活もきっと変わってくるはずですよ。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>