インフルエンザA型とB型の違いって何?どっちが大変?同時になることはある?

hakui

風邪とインフルエンザは症状も原因も症状もはっきり異なります。

『 インフルエンザ 』は、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で
普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴。

インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、
38℃以上の高熱や筋肉痛などの症状が全身に現れるます。

健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、
治癒に向かうそうで、気管支炎や肺炎を併発することもあり、
脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、
いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。

日本では毎年11月~4月に流行していますね。今回はインフルエンザA型・B型の違いをお伝えします。

SPONSERED LINK

インフルエンザA型とB型の違いって?

A型・B型はとても悪性度が高い、とのこと。

大流行する可能性も高く
感染した時の症状も重い。

特にA型は変異が激しいそうです。
B型より。

人間の免疫システムは
一度感染したウィルスには抗体ができます。

それは、
一度感染したウィルスに対して、
強い耐性を持つ、ということ。

その年に流行するであろうウィルスを予測し、
予防接種するのです。

ですが、A型は毎年少しずつ変異するので、
人間が一度持った抗体とは違ったりするので、
予測不可能ということなのだと思います。

SPONSERED LINK

もともと、
インフルエンザウィルスは
増殖力、
伝播力がとても強い。
その上、
突然変異を繰り返し、
確認されている種類も非常に多いそうです。

よって、
恐ろしいのはA型といえるでしょう。

B型ウィルスもそれぞれ1種類、
変異スピードも穏やかだそうです。

感染経路にも注意が必要です。

B型は人から人への感染のみ、のようなのですが、
A型は人以外のトリやブタからも感染するとのこと。

他の動物のウィルスと結合するという
より悪性度の高い変異したA型といえるようです。

結局大変(つらい)のはどっち?

どちらもつらいと思います。

『 インフルエンザ 』の特徴は

潜伏期間:1~3日
感染経路:おもに飛沫感染
発症: 急激に38℃以上の高熱
症状 : 悪寒、
頭痛、関節痛、
倦怠感などの全身症状、
咳、痰(たん)、
呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状 など
療養期間 : 一週間程度

と思われ、
特に、
下痢や嘔吐、同時に襲ってくることが多いようです。

インフルエンザA型B型が同時になることってあるの?

同時にかかることはない、と
思われていましたが、
昨今では、
同時にかかった症例があるようです。

A型およびB型の両方が陽性であり、
A型の陽性反応がより強く出ていた、とのこと。

A型ウィルスの成長は恐ろしいです。

まとめ

『 風邪 』は、
のどの痛み、
鼻水、
咳などの症状を
伴う呼吸器の急性炎症だそうです

時には
発熱、
頭痛、
食欲不振などが
起こることもあります。
健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>