上司が異動する時のメッセージ。お礼や感謝を伝えるメールの例文

jyoushiidoumesseji

お世話になった上司が異動することになった時、どんなメッセージを述べたら
いいのか悩んだことはありませんか?実際メッセージというと筆が止まってしまう方は非常に大勢おられます。会社として異動は珍しいことではありません。

異動が決まってから、慌てて準備するよりも今からイメージしておきましょう。
お互い気持ちよく別々の部署での仕事をスタートさせることができますよ。

それで今回は上司が異動する時のメッセージ、お礼や感謝を伝えるメールの例文などを2つほど揃えてみました。あなたの会社で参考になれば幸いです。

SPONSERED LINK

上司が異動する時に伝えるお礼や感謝の言葉はどんな内容が良い?

異動する上司としては、一番思い出すのは部下との思い出です。きっと嬉しいことや辛いことなど色んなことがあったはずです。そんな上司との思い出をメッセージにこめると非常に喜ばれます。

辛い時に上司の言ったあの言葉に救われましたとか、あの何気ない会話、行動など印象深く残っている名言を贈ることができます。上司としても、育ててきたかわいい部下ですからやってあげたことに感謝されると、本当によかったとしみじみ思えるはずです。

◎言葉遣いで注意すべきこと

SPONSERED LINK

当然ポイントとしては上司ですから、敬語を使います。特に目上の人には「ご苦労様」などの言い方は避けましょう。また◎◎部長様、という風に役職名に様をつけてしまうと二重敬語となるために、これも避けましょう。

上司が異動する時のメッセージ例文1

◎◎部長へ

あっという間でしたが●年間お世話になりました。
◎◎部長のおかげで、うちの課はいつも楽しく、やりがいのある職場でした。

いつも優しく声を掛けてくださった、あの気遣いは忘れません。
新しい部署に行かれてからも、公私にわたり益々ご活躍されますよう
お祈りしております、ありがとうございました。

上司が異動する時のメッセージ例文2

○○課長へ

今まで大変お世話になりました。
この●年間、課長がいつも指導してくださったおかげで
うちの課はやる気と積極性で満ちた雰囲気で仕事を行えました。

今度の新しい部署でも○○課長は、なくてはならない存在だと思います。
公私共に益々ご活躍されますように。
本当にありがとうございました。

まとめ

今回の記事では、上司が異動する際のメッセ―ジの例文などを調査し、まとめました。

◎上司との思い出
◎救われた言葉、名言

去って行く場所に一番刻まれる思い出は、別れの挨拶です。
上司の心を動かす感動のメッセージを贈りましょう。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>