海外旅行での貴重品の持ち方。いい隠し場所や財布の分け方は?

kaigairyokou-kityouhinmotikata
ゴールデンウィークや夏休みなど海外で過ごされる方も多いのではないでしょうか。
今回は、海外旅行での貴重品の持ち方、隠し場所のアイディア等について、紹介していきます。

SPONSERED LINK

その前に

日本人は、海外に行くと、ターゲットになり易いです。うれしいことなのですが、日本の治安が良いためです。ですので、相手に日本人ということが分からないようにしましょう。

夏の服装は、ジーンズに、ティーシャツ姿は、なるべく控えてください。典型的な日本人スタイルです。できればなるべく、現地の人と同じような服装をして下さい。ブランド品を身につけるのは止めましょう。発展途上国等に行く場合は、こぎれいでない服装の方がオススメです。

防犯のために、日本人とわからない、目立たない服装を心がけましょう。犯罪に巻き込まれてしまうと、観光や旅行どころではなくなってしまいます。色々な意味で、目立ってもいいことはありません。オシャレは、日本に帰ってからしましょう。

貴重品の持ち方

・グアム等の比較的に治安が良い所でも、用心が必要です。日本とは、違うということを、外に一歩出る時は、忘れないようにしましょう。

・首下げタイプの財布などは、使用しないようにしましょう。財布のある場所を、自ら教えていることになります。鴨がネギを背負って歩いているようです。

・財布は、二つぐらい旅行に持っていきましょう。一つ失くしたり、盗られたりしても、リスクヘッジができます。一つにまとめて持っておくことにオススメできません。

・内ポケットが、ある服を着ている場合は、お札が入っている財布は、内ポケットに入れて、肌身離さず、持ち歩きましょう。

SPONSERED LINK

・小銭入れを、持っていき、積極的に使いましょう。小銭入れであれば、盗られても、失くしても、少額なので諦めがつくでしょう。紛失しないことが、ベストですが。

・財布の中には、一日に使う分しか入れないようにしましょう。一人で行動する場合は、多くても2万円ぐらいにしましょう。

・お金を財布から出すときは、人に見られないようにしましょう。たくさん入っていると、スリ等の標的になってしまいます。ちょっとした用心が、防犯策に繋がります。

貴重品の隠し場所

・セーフティーボックスを使いましょう。
ホテルの部屋に、一つは、備え付けられているでしょう。その中に、パスポートや、外出する時に持っていく現金以外のものを入れておきましょう。ホテルの部屋といえども、部屋を掃除する係の人がいます。

万が一ということがありますので、部屋に置いている旅行カバンの中よりも、セーフティーボックスの方が安全です。但し、暗証番号は、簡単なモノにしましょう。忘れると、説明が大変なことになります。

・万が一、セーフティーボックスが、壊れている場合。
ないと思いますが、壊れている場合は、旅行カバンの中に保管し、カバンに鍵をかけて下さい。

・ホテルに置いてくのは心配と言う場合は、首掛けカバンを準備して、肌身離さず、持ち歩きましょう。その際に、カバンの一番奥に、貴重品を入れ、一番目の前のポケットに、見せ金を準備しておきましょう。おとりに目を向けさせましょう。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回は、海外旅行での貴重品の持ち方、隠し場所のアイディア等について、ご紹介させていただきました。日本ではないことを意識するのを忘れないで、楽しんできて下さい。悪いことは、ほとんど起きませんが、万が一の時のために、用心だけはしましょう。
ではでは、楽しんできて下さい。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>