教育実習最後の挨拶は何を話す?最終日にやることは?

kyouikujissyu-saigo-aisatu

教育実習は先生として現場に就くための実習ですが、短い期間で様々なことを経験する
貴重な機会でもあります。あっという間でしょうし、考えることも色々でしょう。そのために
最後のあいさつで何を話していいのかわからなくなることがあるようです。

決まった型があるのもおかしな話ですが、確かに何を語るのか、実習を受けた学校の先生や生徒に
大きな影響を与えるので、悩んでしまうのも理解できますね。今回は教育実習の最後の挨拶は
何を話したらいいかなどを調査してみました。

SPONSERED LINK

教育実習最後の挨拶は何を話す?先生や校長に向けて

◎実習という場を与えてもらえたことへの感謝
◎未熟な面も温かく見守ってもらったことへの感謝
◎実習で学べたこと、喜び、難しさ
◎自分の至らなかったことへのお詫び
◎教えられたことを忘れない、将来へ生かす決意

教育実習最後の挨拶は何を話す?自分のクラスへ向けて

◎実習で学んだこと
◎学んだことをこれからどう生かすか
◎小さい子にも理解できるように話すこと(学校によりますが)
◎子供たちへの感謝
◎子供たちの良い点を褒める

SPONSERED LINK

※別れを惜しむ気持ちが大きいですが、子供たちの良い点を褒める、残してあげると
生徒たちへの一生の財産になります。自分のことより、生徒たちのことを考えるスタンスでしょうか。

教育実習最後の日はどんな風にすごす?何か特別にすることはある?

指導をしていただいた先生や教官などには、実習後も書類の作成や提出などをお世話になる
ことがあるようです。ですので、挨拶の前に日程などを打ち合わせすることが必要なようです。
出すべき書類を作成するのが大変だったエピソードもありました。

最終日は感動の別れの時なのかもしれませんが、書類に追われて何もできなかったということが
ないように実習の最初から頭に入れておいた方がいいですね。

まとめ

今回は教育実習の最後の挨拶とやることをまとめてみました。ちなみに日本では教育実習は
長くても4週間。普通は2週間ほどだそうです。短いがためにどうしても教科指導だけに
なってしまい他がおろそかになる。

加えて実際に現場に就くまでのブランクがあるので、あまり意味ないとの声も。ちなみに海外では
1年間のところもある。それくらいがいいのでしょうかね。

教師になる気がない人もいるとかで、自分として驚きでした。しかし短い期間ではありますが
多くを与えてくれる機会ですね。人生の糧になることを心から祈っております。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>