魔の2歳児は対処法はどうするのがベスト?

mano2saiji-taisyohou

「魔の2歳児」とはつまり第一反抗期。
みんな通った道を今まさに歩いているのです。

『自分もそんな時代があったのだからと考えよう。
と思ってもねぇ~!
人間だからママだってイラッとする時もあるのさ。』
ですよね?
そのお気持ち、よーっくわかります。

小さな怪物クンとどう付き合っていったら良いのか?
いっしょに考えてみませんか?

SPONSERED LINK

いつからいつまで

もちろんですが、「魔の2歳児」は2歳と同時に始まって3歳に
なったらピタリと終わる訳ではありません。
育ってる環境にもよりますね。

急によく泣くようになったり、気に入らないと大声でわめいたり、
初めての子供なら親もビックリな状況が徐々に始まります。

大事なのは慌てないこと。
「あ、これは2歳の頃の自分を再現して見せてるんだ。」
と思ってみましょう。実際そんなに違わないはずです。
自分の親に聞いてみたらわかりますよ。(笑)
自分だと思えば冷静にブレーキがかかりますよね。

しつけ

「魔の2歳児」は自己主張の始まりです。
個性が表面に現れてきて芽吹いている状態。
正しい表現方法がまだわかっていません。

「ダメ!」など、強くいうのは控えましょう。
確かにそう言いたくなるシーンの連続だとは思いますが、相手は
自分の子供です。冷静に観察しながら言葉を選んで下さい。

例えば、自分が誰かに「ダメ!」を連発されたらイラッとします
よね。そのへんの物を投げつけたい気持ちになるはずです。
大人でさえそうなんですから、2歳の子は尚更ストレートに表現
してきます。

なぜそれはいけないのか。優しくゆっくり話してあげて下さい。
言葉が見つからなければ難しい言葉を使ってもかまいません。
優しくゆっくりのペースは守って下さい。

SPONSERED LINK

何を言っても聞かないから今は言わない。
これはいけませんよ。子供にナメられます。
子供が何歳であっても、目を見ながら教え諭して下さい。
心はちゃんと伝わります。

ひとりで悩まないで誰かに相談やお喋りをして下さい。
それは実家であったり、ママ友であったり。
先輩ママさんとか良いと思いますよ。
その時に一息ついて下さい。そこがママの逃げ場です。

癇癪(かんしゃく)

家の中で大きめの癇癪が始まった。まさにing。
ここで一緒にヒステリーを起こしてはいけません。
演技とかやってみましょう。

ベランダ方向を見て。
「キャアーッ!何あれ?何なの? なになにぃ~?」
大げさにベランダに走り寄って空を見上げます。
一人でつぶやくように「何だろう?。。。。」
「あ、な~んだ、鳥かぁ~」

で、子供のところに戻って、
「UFOかと思っちゃったよ。テヘペロ♪」
お利口さんにしないとおまわりさんが来るよ、の平成バージョン
ですね。(笑)

突然のママの挙動不審に癇癪がピタリと止まったりしますよ。
見抜かれるからしょっちゅうは使えませんけどね。
あたしの母親はいくつかバージョンを作っていたそうです。
それなりに頭を使ってくれてたんですね。

表現したいけどボキャブラリーが少ないから表現出来ない。
そんなジレンマが癇癪の原因だとも言われます。
旺盛な知識欲を満たせるように、教育系のおもちゃを与えて
みましょう。

■まとめ
アメリカでは「魔の2歳児」を「devil two」なんて表現しますね。
きっと世界中に「魔の2歳児」はいるのだと思います。

大事なのはそれに振り回されて「魔のママ」や「魔のパパ」に
変身しちゃわないことです。

あなたは世界に一人しかいないこの子の親なんです。
『この子に関しては私がしっかり守るんだ!』
その気持ちがあれば乗り越えられますよ。

一緒に成長して下さいね。
育児って最高に楽しい勉強なんですから。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>