眠気を覚ます方法とは?知っていて損はない9つの対策

眠たい時ってどうやっても眠たいですよね。これが仕事しているときや、大事な人と会っている時、勉強を
しているとき、会議中などは特にそう思います。今回は眠気を覚ます、とっておきの方法をまとめみました。
是非お試しくださいね。

SPONSERED LINK

眠気を覚ます飲み物

① カフェイン

コーヒーは定番ですよね。ご存じのとおり、カフェインは興奮作用があるのでとても効果あると言われています。
ブラックブラックスパークリングは、飲んだ時の刺激はかなり強いようですが、持続性はないみたいです。
玉露や紅茶の方がカフェインはコーヒーよりもたくさん入っています。玉露は100mlあたり、4倍も多い。

② ドリンク系

●メガシャキ  

megashaki

これも定番。薬ではないの効果が保証されるわけではないですが、いつも徹夜明けの午前中の
仕事で意識がとぶ経験があった方は、これを飲むとそれがなくなったと語っていました。目覚めもいいとか。

●ギガシャキ   

gigashaki
これもメガシャキよりも苦味や刺激をアップした非炭酸飲料

●強強打破    
minmindaha

飲んですぐに効くというよりも少し経ってからの効果が高いようです。コーヒー味。

●眠眠打破    

強強打破よりもマイルドな味ですが、多少の効果があり人気があります。

●エスタロンモカ 
estaron

エスタロンモカ錠よりも強力な効き目。

このエスタロンモカは錠剤の方が先に販売されたようですが、
この錠剤の主成分は無水カフェイン。

コーヒーのカフェインの10倍ほどもあるんです。
一箱に24粒あり、1ヶ月毎日飲んでも大丈夫です。会議中にいいかも。

眠気を覚ます食べ物

●甘いもの  
饅頭やチョコレートなど甘いものは疲れを取る効果あります。

●タブレット 
キシリトールやメントール、フリスクなどは定番。携帯できる点が便利ですよね。

SPONSERED LINK

●みかん   
みかんの甘酸っぱい香りが脳を刺激するそうです。
人はリラックスしている時はα波が出ていると言われています。
みかんの刺激はこのα波を取り除くようですね。

●りんご   
りんごというより、りんごの丸かじりが効果あります。
噛むためにある程度負担が顎にかかるために脳を刺激するセロトニン神経が活発になるためです。

一度噛むだけというより、リズミカルに噛むことが大事なようです。
噛むというとスルメやガムなども効果ありますが、りんごとはまた噛み方が違うんでしょうね。

眠気を覚ます音楽

眠気は車を運転しているときに襲うことが一番多いですね。
いま眠気を吹っ飛ばすと評判のアゲアゲ曲をそろえてみましたよ。

CDやipodなどに常備して渋滞を切り抜けてくださいね。

◎「Let It Go~ありのままで~」 
眠気を覚ますというより気持ちが盛り上がる感じですかね。

◎「女々しくて」 
眠気覚まし飲料水のCMにも使用されたことから当然のランクインです。

◎「恋するフォーチュンクッキー」 
これもノリノリになるポップですね。子供たちが盛り上がってしまうかも。

◎「ヘビーローテーション」 
これは間違いなし。恋チュンよりも盛り上がること間違いなしです。

◎「じょいふる」
これもいいですね。ノリのいい曲代表です。

◎「ガッツだぜ!」
トータス松本さんは、私も大好きです。ガッツが出ます!

眠気覚ましに一発で効くものは?

ご紹介するものは、体が弱い方にとっては刺激的すぎるかもしれませんので、あくまで自己責任で、そして参考
にしていただけると助かります。聞くだけで眠気が覚めてくるものばかりです。

●清涼お菓子の裏ワザ

メントールやフリスクなどはさきほども書きましたね。実はこれをかみ砕き、その後すぐに冷水を飲むと効果が
抜群なようです。かみ砕く数が多ければ多いほど強力です。3粒が限度かと。

●息を止める。

息を吸って止めて、そのまま1分ほど我慢する。(もうダメだというところまで)これはかなり口コミで効くという
評価が高く、実際私もやってみたことがあります。

けっこう息苦しくなり、確かに目が覚めました 笑
思い出すだけでも苦しいです・・。

まとめ

眠気を覚ます方法をいろいろあげてみましたが、調査してみると書ききれないほどの方法がありました。それほど
この分野は多くの人の関心があるということでしょうね。基本的には十分な睡眠を取ることが欠かせないと
思いますので、体を壊さない程度に実践してみてくださいね。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>