日本脳炎の予防接種は受けるべき?安全性や副作用について

nihonnouenyobousessyu

日本脳炎に感染して発症すると脳炎症状をきたします。この割合は250人に1人
ですが、発症すると重篤な疾患となります。故に今回の記事はこの日本脳炎の予防
接種を受けるべきか否か、その安全性に注目しました。

あくまで個人的な意見と調査を元に一定の結論を出してみました。これに依存せず
他のサイトなども調査し、一番良い決定を出す助けになれば幸いです。

SPONSERED LINK

日本脳炎の予防接種は受けるべき?安全性は?

日本脳炎ワクチンを接種後の子供の死亡例が2例ありました。2012年のことです。
ただ厚生労働省で開かれた厚生科学審議会予防接種部会の日本脳炎の小委員会によると子供の2つの死亡例とワクチン接種の関係についてはなされました。

結果、薬の副作用など他の要因での死亡の可能性が高く因果関係は薄いとされました。
ただ残念ながら副作用のないワクチンはありませんし、今後もその懸念を抱いたままの状態が続くかと思います。

以前の日本はワクチン接種を義務にしました。集団での感染を抑えるためです。それで劇的に日本脳炎の数は減少しました。ただこれは個人の決定を犠牲にする制度であったとも言えます。それで94年に義務ではなく勧奨に変わりました。

感染のリスクを取るか、副作用のリスクを取るかの判断を個人個人が決定するようになりました。少ない割合ではありますが、副作用や死亡のリスクがあるかもしれません。ただこれは他人まかせの決定ではなくなりましたことをお知らせします。

SPONSERED LINK

◎100%安全なんて絶対にない。
◎受けるべきかどうかは個人の決定(政府は感染のリスクがあるため勧めている状態)

日本脳炎の予防接種の副作用とは

◎注射部位の赤み
◎腫れたり、痛みがある
◎発熱
◎不機嫌
◎痙攣(可能性)
◎意識がなくなる
◎気分が悪くなる
◎冷や汗が出る

一番多い副作用は高熱・発熱です。ワクチン接種後に熱が出てしまうのは免疫をつけるために当然の結果でもあるので重篤とは言えないようです。

日本脳炎の予防接種もし受けるならいつ頃が良い?

日本脳炎の予防接種の第一期は1年目に2回。次の年に1回接種します。以前は3回目があったそうですが、今は2回のみです。日本脳炎の特徴はインフルエンザのように毎年作り変えるものではありません。

その特徴を考えると予防接種は接種票が届いてから受けるぐらいの感覚でもいいのかもしれません。つまりいつ受けても変わりはないということです。ただこれは個人的な意見なので、あくまで参考までにとどめてくださればと思います。

※日本脳炎はコガタアカイエカの蚊に刺されての媒介になるので夏になる前に接種したいと考えておられる方もいます。(政府のスケジュールだと夏前らしいです)

まとめ

今回は日本脳炎の予防接種を受けるべきかどうかの調査を行いまとめてみました。

考えてみると予防接種に限らず重大な決定のリスクは背負わないといけないのだなあと、つくづく感じました。他人にまかせず、また他人の意見を鵜呑みにせずに決定したいと思います。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>