ノロウィルスの感染経路は?感染対策や消毒の仕方について

norouilusu-kansenkeiro

ノロウィルスは乳幼児だと冬に感染するので、お母さんたちにとっては敏感に
ならざるを得ないですよね。ただポイントを抑えることで安心して対策を行えます。

そこで今回はノロウィルスの感染経路と対策。消毒液の使い方と作り方などを
調査し、まとめてみました。理解できていればそれほど怖くないものですよ。

SPONSERED LINK

ノロウィルスの感染経路は?

飛沫感染という嘔吐物から飛んできたものや、感染者のくしゃみや咳などにより
感染します。あと接触感染と言い、汚染された食物に接触することも要因となります。

さらに空気感染と言って汚染されたものを正しく処理されなかった場合、粒子が空気
に舞い上がり感染してしまうこともあります。

ノロウィルスは、大きさは非常に小さく少量でも感染力が強いという特徴があります。
以前は牡蠣からの食中毒と言われていましたが、人から人へと感染するものであるこ
とがわかってきています。非常にやっかいです。

ノロウィルスの感染対策でできること

ノロは非常に小さく爪に入り込んだり、シワの隙間に入ることがあります。手を洗うに
してもこすってしっかり丁寧に洗いたいものです。除菌スプレーも効果的です。
念のため次亜塩素酸水を購入されておくと安心です。

不十分な加熱調理でも感染します。少なくとも熱を十分に通すという基本的な調理も
忘れないようにしたいものです。子供やお年寄りはよく感染しやすいので、貝類など
は避けていた方が無難ですね。

SPONSERED LINK

ノロウィルス消毒の仕方。消毒液の作り方や使い方

場所や器具の消毒の仕方は以下の通り。

◎ドアノブ、カーテン、日用品、トイレ。

次亜塩素酸ナトリウムで浸すようにペーパータオルで拭く。

◎嘔吐場所

嘔吐した場所、床などは次亜塩素酸ナトリウムを浸すようにペーパータオルで拭き
その後、水拭きすることができる。嘔吐物はウイルスが飛散しないように丁寧に静か
に拭き取ってビニールに入れて廃棄します。

◎下着など衣類

煮沸消毒を行うか廃棄します。煮沸消毒が出来ない場合はビニールに次亜塩素酸
ナトリウムを入れて揉み洗いします。お布団などの場合は日光に当てて、よく乾燥
させて、スチームアイロンや布団乾燥機を使用する。

◆消毒液の作り方

家庭用塩素系漂白剤10ML(ペットボトルのキャップ2杯分)
水2・5リットルを混ぜると200PPM濃度の消毒液ができるので、これらは
ドアノブなど感染者が触った場所などを拭くために使います。

家庭用塩素系漂白剤10ML(ペットボトルのキャップ2杯分)
水0・5リットルを混ぜると1000PPM濃度の消毒液ができます。これらは
嘔吐物やそれが付着した場所を拭くために使います。

拭き方は基本的に丁寧に、ウイルスなどが飛び散らないように拭き取ります。

まとめ

今回はノロウィルスの感染経路やその対策をまとめてみました。

今のノロウィルス対策は抗体などが開発され、一般外来でも迅速診断が可能に
なりましたので安心ですね。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>