ポインセチアが枯れる原因は?復活する方法と長持ちさせる方法について

poinsettia

冬の花と言えば、ポインセチアですね。
しかし、きれいな色のポインセチアが、スグに枯れてしまっては悲しいですね。
願わくば、できるだけ長持ちさせて、ともに冬を越したいものですね。
そこで、今回は、ポインセチアが枯れる原因、復活する方法、長持ちさせる方法等について、
ご紹介していきます。

SPONSERED LINK

ポインセチアが枯れる原因は?

1. 水が足らない
2. 栄養が足らない
3. 光が足らない
4. 温かさが足らない

葉っぱが、下葉が枯れたら、水が足りません。
葉っぱが、黄色くなったら、栄養が足りません
葉っぱが、丸くなって落ちたら、光が足りません。
葉っぱが、丸くなって落ちたら、温かさが足りません

ポインセチアを復活させる方法は?

1. 水に注意する

4月-10月までは、土の見えるところが乾いたら、いっぱい水をあげましょう。
逆に、11月-3月は、水は少なくて、問題ないです。土の見えるところが乾いたら、
3.4日空けてから、一度に、たっぷり水をあげましょう。

その時に、鉢の受け皿にたまった水は、残さずに捨てましょう。
根が腐るのを、予防するのです。

また、水をあげる理想な時間帯は、午前中です。
たっぶり水をあげて、たっぷり光に当てるのです。
水をあげても、鉢の中の温度は、日が当たっているので、下がりません。

反対に、夜間に、水をあげると、
鉢の中の温度が下がるので、枯れることがあります。

ポインセチアも、人間も、冷え性には、注意が必要ですね。

2. 栄養に注意する

SPONSERED LINK

4月-10月は、固形の肥料を月に1回あげます。

11月-1月の開花期は、液体肥料を、月に3回あげます。

3. 光に注意する

日が当たらないと、スグに、下葉が落ちます。

日当たりの良い場所に置きましょう。
ただし、窓際は、時間帯によっては、要注意な時間帯があります。

夜中~明け方です。

この時間帯は、窓際の室温が、10度を下回ることがあります。
できるだけ部屋の中の方に、温度が下がらないところに置きましょう。

4. 温かさに注意する

もともと原産地が中央アメリカの熱帯です。

日本の寒さには、弱いです。
10度を下回ると、枯れてなくなります。

15度以下になったら、室内に入れましょう。

11月-3月までは、室内で過ごしましょう。
ただし、暖房器具の風が、直接あたる所は、避けましょう。

スグに、乾燥してもれなく、
枯れてしまいます。

ポインセチアを長持ちさせるコツ

実は、長持ちさせるコツも、復活させる方法も、やることや確認することは同じなのです。

1. 水に注意する 

2. 栄養に注意する 

3. 光に注意する 

4. 温かさに注意する

を、忘れずに、一つ一つ確認していきましょう。

中でも、水と温かさが、冬のこの季節は、要注意です。

あと、一つ付け加えるとしたら、

5.丈夫で良さそうな苗を、
選びましょう。少し太めがオススメです。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回は、今回は、ポインセチアが枯れる原因、復活する方法、長持ちさせる方法等について、
ご紹介させていただきました。

これで、無事に、ポリンセチアと冬を越せそうですね。冬を越せたら、春の植え替えです。
栄養たっぷりの土たちを交換しましょう。春が待ち遠しいですね。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>