札幌雪祭り プロジェクションマッピング2016場所と開催時間は?

yukimatsuri

札幌雪祭りといえばプロジェクションマッピングが大人気。
さて、2016年はどんな感じで開催されるのでしょうか。
一足早く札幌雪祭り情報をお届けします。予定のある方は参考にして下さいね。

SPONSERED LINK

札幌雪まつり2016年のプロジェクションマッピングの見どころは?

雪の白に映えて色鮮やかですよね~。

開催日程:2016年2月5日(金)~ 2月11日(木・祝日)

ライトアップも素敵ですね♪

建物そのものをスクリーンに見立てて映像を映し出す技術が
プロジェクションマッピング。
幻想な雪像が更に幻想的に演出されます。これって雪の白に映るから良いんですよね。

文字通りの立体映画館をお楽しみください。

札幌雪まつり2016年のプロジェクションマッピング場所と開催時間は?

2013年、札幌雪祭りで初のプロジェクションマッピングが披露されました。

世界初ということでも話題を集め、会場は大変な混雑だったんです。
混雑も避けるために、今ではプロジェクションマッピングの会場は3会場に分かれています。

大通会場

場所:大通公園 西1丁目~12丁目
開催時間:ライトアップは22:00まで。雪像はいつでも見れますよ。
     個性的な雪像が多いのが特徴です。

つどーむ会場

場所:札幌市スポーツ交流施設 コミュニティドーム(つどーむ)
住所:札幌市東区栄町885番地1
開催時間:9:00~17:00

滑り台やスノーラフトがあるので、家族連れにも大人気。
休息できる空間も整っています。

すすきの会場

場所:南4条通りから南6条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
開催時間:ライトアップは23:00まで。雪像はいつでも見れます。
     最終日の11日は22:00までとなっています。

こちらは彫刻雪像がメインです。芸術的レベルの作品もたくさんあります。
触ったり乗れたりする雪像もあるので、撮影シーンがいっぱい!
記念写真や記念動画を残すならココですね。

プロジェクションマッピング以外での雪まつりでの楽しみ方は?

さっぽろテレビ塔から見るライトアップ

SPONSERED LINK

西側の雪まつり会場を一望する景色は必見ですよ!
遠近感のある俯瞰図というか、スケールも美しさも桁違いです。

お殿様気分で眺めを楽しんで下さい♪

テレビ塔の上に昇るには料金がかかります。

大人:720円
高校生:600円
中学生:400円
小学生:300円
2歳以上;100円

雪祭りの期間は営業時間も延長されていて
2月5日~11日までは 22時半まで営業しています。 

北海道を食べよう! 食の広場

大通会場の真ん中に設置される「北海道★食の広場」
これぞナマの「北海道物産展」♪

当日は腹ペコ状態で出かけてここでお腹を満たしましょう。
では、ちょいと人気メニューなんぞを紹介しますね。

・浜の母ちゃんが炊き込むうにごはん
・元祖・本ずわい蟹甲羅盛りの炭火焼き
・今が旬の噴火湾のホタテ
・阿寒ポークの柔らか豚丼&揚げたて天ぷらオン・ザ田舎そば
・北海道ソウルフードから揚げ

もー、何だこれぇ~、
お腹が空いてきちゃったよぉー!

見逃すな!雪像破壊!!

雪まつり終了翌日、丹精込めて作られた大雪像の数々が壊されます。
みんな生活があるから、すぐに壊さなくちゃいけないんですよね。

とは分かっていても、
この雪像破壊が大人気なんです。
あれですね、テレビで怪獣がビルを破壊する、あの実写版に近い
興奮を感じるのかも知れませんね。
ショベルカーも出動してバリバリ壊すので、迫力満点ですよ。

この雪像破壊は昼過ぎにはあらかた終わっちゃうので、午前中から
お出かけ下さい。
これはもうかぶりつきで見てくださいね。

札幌雪祭り これはたぶん裏ワザ 混雑回避のコツ

人が少ない自分だけの雪まつり、な感じで楽しみたい人は、雪祭り開催前に見物に行っちゃいましょう。

人混みでごった返すはず、の道をスカスカ状態で歩きながら、
作成急ピッチの風景なんかも楽しんじゃって下さい。
見えないように隠されてるブロックもあったりはしますが、十分に楽しめますよ♪

まとめ

さて、雪祭りの北海道、北国です。寒いです。
ということで、防寒はしっかり装備して行きましょう。

コツは体の末端を暖かくするということです。
ニット帽・手袋・靴下・マスクなどを準備して現地へ乗り込んで下さいね。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>