私服面接の服装。女性のおすすめ。NGも合せてご紹介

shifukumennsetu-jyosei-osusume

就活コーデも私服面接となると何を着ればいいのか
悩みますよね?女性の服装のおすすめ、NGそれぞれ
について調べてみました。

SPONSERED LINK

私服面接にする意図は何かあるの?気をつけるべきポイント

セミナーや会社説明会、面接で私服で、
と指定があった場合、リクルートスーツではダメなの?
と思われる方が多いと思います。

「私服可」や「服装自由」という指定の場合は
社交辞令の可能性がありスーツ着用が無難です。
「私服でお越し下さい」「普段着で」と指定があった
場合はリクルートスーツでは逆に評価が下がってしまいます。

私服面接にする意図はよそゆきでない
自然なあなたとコミュニケーションしたい、
話しやすい雰囲気での面接を望むため、
などが考えられます。

あとは一般常識があるか、TPOにあわせたスタイルを
選べるか、協調性はあるか、など総合的に判断する
ためでしょう。

気をつけるべきポイントは私服で気がゆるみ
カジュアルすぎる服装になってしまわない事。
目的は仕事の面接なので個性を出しつつ清潔感ある
きちんとしたファッションを意識しましょう。

自分に似合う色、デザイン、サイズ感などの判断が
出来ているか。緊張する場面でサイズがフィットしない
ため不自然な動きになったりしないよう家でシュミレーション
しましょう。コートを脱ぐ場合は椅子にかける事も想定内です。 

企業のカラー、社風に合っているかどうか
人事は多くの人を見るのですからここで差がつきます。
求人広告のデザインや写真をヒントにすると良いですよ。

私服面接の服装、女性におすすめな格好は?(事務職・アパレルそれぞれ)

・事務職の場合

あくまでビジネスですからシャツにジャケットがベスト。
カジュアルとの指定ならば、一般常識的なオフィスカジュアル・
最近よく耳にする「ビジネスカジュアル」で構わないです。
相手に不快感を与えない清潔感あるきれいめカジュアルで。

SPONSERED LINK

シャツに個性を出したスッキリしたパンツスタイル、
1点だけアクセサリーをつけるのはおすすめ。
あまり派手でなく地味すぎず面接官受けも考慮しましょう。
ノーメイクでもOKなところもありますがナチュラルメイクが無難

・アパレル職の場合

アパレルブランド職の面接では適正をチェックするため
当日の服装に対して質問される可能性が事務職より高くなります。
こだわりポイントの質疑応答のリハーサルもしておきましょう。

企業理念を反映させるようなファッション、
デザイナー職だったらどこか流行を取り入れたるなど。
シンプルな服装を選びつつさし色を工夫したり
全体の印象、バランスを考えて個性とセンスの良さのアピールを。

メイクは薄いナチュラル系でも大丈夫ですが
血色が良く見えると溌剌として見えるのでチークも
浮かない程度にはつけた方が吉です。

私服面接の服装でこれはNG

普段着で、と指示があってもラフすぎる服装。
受ける企業の他社のブランドロゴがわかるもの。

だらしない生活をしているとその日だけ気合を入れても
相手はプロなので見抜かれます。肩のフケ、靴下のたるみ 
靴の汚れ、シミやシワ、サイズ違いなどは絶対NGです。

具体的には
ジーンズ、スニーカー、サンダル、ミューズ、
高すぎるヒール、奇抜な色、派手すぎる蛍光色や原色の服、
リクルートスーツは掛け持ちしている印象にもなりNG。
目のやり場に困るような短すぎるミニスカートや露出した服装。

ファッション関係・マスコミなどの面接でノーメイクは絶対NG!
手ぶらもNG。

私服面接の時の持ち物は何が必要?

筆記用具、用紙類を渡された時に紙が折れないように
納められるクリアファイル類、印鑑、
これらはビジネスパーソンの必需品です。

メモと書き物を忘れるのは結構マイナスポイントになります。
仕事を始めると物事を忘れない事、同じ質問を繰り返さない
事はとても大事ですし本人の社会人としての甘さがこういう時に
出てしまいます。ペンやシャープペンは事前試し書きチェックも怠らずに。

夏なら汗が噴出した時にすぐ拭けるハンカチ(清潔なもの)
冬場はやむを得ず咳や鼻をすする時を想定して
ティッシュなど慌てぬように用意を。

まとめ

明確なルールがない分とても難題ですが頭を柔らかくして
目上の人にお会いするマナーとTPOを意識すれば自然と服装を
選ぶことが出来るかもしれません。少しでも参考になれば幸いです。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>