床屋で注文の仕方。上手に伝える方法がわからない。どうすればいい?

tokoya-cyumon

はじめての床屋さんで、どんなスタイルにしているのか伝えるのって、
結構、面倒というか大変ですよね?
では、どのように伝えれば、上手に注文できるのか…。
伝える方法をご紹介します。

SPONSERED LINK

自分のやりたいスタイルを上手に注文で伝えるコツ

自分でやりたいヘアスタイルを上手に注文で伝えるのに、
最もわかりやすいのが画像ですね。

スマホにやりたいスタイルの画像を入れておいて、
お店で見せれば、だいたい似たような感じにはしてくれます。

ただ、一人一人で髪の太さ、硬さ、生えている方向、クセ毛の有無など、
さまざまです。
あなたのやりたいヘアスタイルが、あなたの髪の状態に向いていない場合もあります。
そんなときは、どんなに上手な床屋さんでも、あなた自信が家でも毎日スタイリングしないと、
希望するヘアスタイルは維持できません。

おすすめするのは、あなたの髪の状態に合っていて、
あなた自信も納得できるヘアスタイルです。
お店の方に相談してみるのもいいですよ。

あなたの髪の状態に合ってますから、
毎日のスタイリングも簡単に決まります。

もしかしたら、洗って乾かせばそれなりのヘアスタイルが出来上がってるかも…?

~分刈りの定義について

いわゆる五分刈りとか、五厘刈りとか言われるものですね。
昔の長さの単位がバリカンの刃の厚みに残っているんです。
最近ではやっと、mmで通用するようになってきました。
今では、ヘアサロンでも、「~ミリでお願いします」といった方が伝わりやすいです。

簡単に説明すると、
五分→9mm
三分→6mm
一分→3mm
五厘→2mm
となります。

ソフトモヒカンみたいに部分的に刈り上げしたい場合は?

部分的に刈り上げたい場合の注文ですが、
そのまま、「ここを刈り上げてください」と指させばわかります。
ソフトモヒカンの場合なら、刈り上げの部分の厚さも伝えたほうがいいです。
「バッチリ薄くしてください」「肌が見えないくらいに…」など。
トップの長さは、お店の人が自然に合わせてくれるでしょう。

SPONSERED LINK

ようは、刈りあげたい場所と厚みを伝えられれば、
それほどあなたの希望から離れたヘアスタイルにはなりません。

ワックスを使って立ち上げて自然な感じにしたい場合はどう言えばいい?

ワックスを使って立ち上げて自然な感じにしたいなら、
そのまま伝えればOKです。

ただ、その場合にサイドやバックを刈り上げる感じにするのか、
裾周りも残して自然な仕上がりにしたいのか…は伝えたほうがいいですね。

それに、立ち上げるのは自分でワックスを使うことも伝えるといいでしょう。

髪が自然に立ち上がるかどうかも個人差があります。
立てたくなくても一定の短さになると勝手に立ってしまう髪の生え方や硬さもあるし、
どんなに立てようとしても、頭皮から水平に近い角度で生えていて、
立ち上がらない人もいます。

まずは自分の髪が立ちやすいか、立てるのにはかなりの努力が必要なのかお店の人に聞いてみることをおすすめします。
そこを知ってないと、毎朝、大変な努力が必要になる可能性がありますよ。

まとめ

あなたのしたいヘアスタイルとあなたの髪にあったヘアスタイルは必ずしも一致しません。
ここが最大の問題なんです。
自分の髪の状態にあったヘアスタイルにしたなら、
驚くほど毎日のスタイリングは簡単です。
極端だと、何もしなくてもいいくらいです。

逆に、あなたの髪の状態に合わないヘアスタイルをすると、
毎朝、髪との格闘の日々が続くでしょう(笑)

それと、最低限の注文の仕方として、
まわりは刈り上げるのか、耳が出る程度でいいのかだけは注文してください。
基本的にここだけわかれば、他の部分の長さも決まってきますから…。

くれぐれも
「今日はどんなヘアスタイルにしますか?」
「普通に…」
という注文の仕方は止めてください(笑)

スタイリストさんにはあなたの中での普通のヘアスタイルがわかりませんから…。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>