酉の市横浜、熊手の値段はいくら?上手な選び方と値切る方法と手締めについて

酉の市って日本のお正月の前夜祭みたいなものだと思いませんか?
屋台も出るので、子供たちも大好きです。

いつまでも続いてほしい日本の風物詩ですよね。

SPONSERED LINK

酉の市横浜、こんなに賑わっていますよ。


手締めの雰囲気が良いですねぇ~♪
ラップっぽかったりもしますが。。。ヒャ♪

酉の市横浜での熊手の値段はいくら?

酉の市横浜での熊手の値段は5000円~数十万円。
個人、商売をしている人、会社経営、いろいろな人がいると
思いますが、値段に幅があるということは、選べるということ
でもあります。

酉の市横浜での人気店は「西海屋」さん。
お客様のニーズにあった熊手を探してくれて、詳しく説明まで
してくれます。
人気の秘密はここにあり!って感じがしますね。

「西海屋」さんで買った熊手のご利益は評判になるほどなので
ぜひ顔を出してみましょう。

熊手の選び方のコツ

熊手には縁起物のめでたい小物がたくさん付いています。
家庭円満、お金に関わるもの、長寿の象徴、などなど。

打出の小槌・鯛・米俵・お多福・鶴・巻物・松竹梅亀・大入り袋
大黒様・大判小判・宝船・福笹。
これでもかってぐらい付いてきますね。
kumade
さて、値段も大きさも様々ある熊手から自分は何を選んだら良い
のでしょうか。

「前年よりも一回り大きくする」
まずはこれが基本です。
事業の発展を願ってという意味もあるようですが、2年続けて
同じ大きさというのも良いようです。

ということは、

「始めて買う熊手は小さいものを買う」
というのもポイントになりますね。
来年は大きい熊手を買えるように頑張るぞ!という刺激にも
なります。

SPONSERED LINK

上手に値切る方法と手締めについて

上手に値切るっていうのは買い物をする時の必須テクですが、
「縁起物の熊手を値切っても良いんかいな?」
「ご利益なくなるんじゃないの?」

こんな疑問が自然に湧いてきますが、ちゃんとオチがあるので
最後まで読んで下さいね。

ほぼ普通の買い物と同じ手順ですが、最後が違いますよ。

・まず値段を聞きます。
・そこから3段階で値切ります。

周囲の人たちも胸部影に見ているはずですから、ここは楽しん
じゃって下さい。酉の市名物のパフォーマンスショーなんです。

・値段が決まって商談が成立します。

はい、次が最高に粋なところですよ。

・定価(値切る前の値段)でお金を渡す。

お釣りはご祝儀で渡します。値切った分がご祝儀になるんです。

これって素晴らしく粋でカッコイイじゃあ~りませんか。(笑)

買い手は良い気分になり、売り手はご祝儀でホクホク♪
周囲の見物人もホッコリした気持ちになりますよね~。

・最後に手締めです。

お店のスタッフさんたちがヨヨヨイ♪とやってくれます。
成り行きをみていた見物人も参加してくれるでしょう。

手締めの音がイッパイだと
ご利益も大きそうですよね。

お金のチャリンチャリン♪
という音に聞こえたりして。。。

手締めをゲットするのはいくらからなのか?
1万円程度のを買わないと無理みたいな話がありますが、これは
当日聞き出して下さい。

買った熊手はみんなに見えるように頭上高くかざしながら
持ち帰りましょう。
これで大きな福がいっぱい入ると言われています。

まとめ

掃除に使う熊手は落ち葉をかき集めたりするのに使いますが、
酉の市の熊手はきっときっと幸せをかき集めてくれるでしょう。

熊手にくっ付いてる幸せの小物たちに大活躍してもらって、
素晴らしい新年を迎えてくださいね!

ヨヨヨイヨイ!!

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>