ホワイトチアシードとは?違いは何?効果・カロリー・栄養素の比較

whitetiaseedgai

ミランダ・カーやローラ、道端アンジェリカさんなど女優やモデルさんが愛用
しているスーパーフードとして注目されているのがホワイトチアシードです。

なにがそんなにすごいのでしょうか?幾つか種類があるようですが、何が違うの
でしょうか?栄養やダイエット効果の違いなどを調査してみました。

SPONSERED LINK

ホワイトチアシードとは?

チアシードは奇跡の食材とも言われ、ダイエットに効果的と言われています。
有名な女優さんなんかも摂りいれているみたいです。もともとチアシードとは
南米原産のシソ科の植物、チアの種のことです。

ホワイトチアシードは必須脂肪酸であるα―リノレン酸を多く含んでいます。
この種はゴマよりも小さく、水に浸すと種の周りがゼリー状になります。

ホワイトチアシードと普通のチアシード(ブラックチアシード)の違いは?

簡単に言うと白い種子だけのチアシードはホワイトチアシードと呼ばれ、普通の従来の
チアシードのことをブラックチアシードと言います。

先ほど水分を吸った状態について書きましたが、ホワイトとの違いは水を吸った時の
膨張率が違います。白の方が4分の1倍ほど膨張率が高いようです。これが違うと
食べた時の満腹感とお通じが違ってくるそうです。

SPONSERED LINK

故にダイエット食材として好んで用いられるのはホワイトチアシードの方なのです。

ホワイトチアシードとブラックチアシードでの効果や栄養、カロリー面の比較

◎栄養面で比較

7種の成分を比較してみたところ、ほとんど変化はありませんが、食物繊維とオメガ3が
ホワイトチアシードの方が豊富に含んでいるようです(若干ですが)

◎効果

たくさん含まれている栄養素にオメガ3があると言いましたが、これはくるみや魚に含まれる
油の一種ですが、常温でも固まらない性質があるので、血液の循環にすごく有効で肥満改善や
アンチエイジング効果が高いのです。

他に効果が見込まれるところは・・・

アンチエイジング
アレルギーを抑制する
生活習慣病を予防できる
うつ病を軽減する効果など。

◎カロリー

チアシードのカロリーは10g/50kcalです。総合するとそれほど高くないようです。
なので、これだけを食べるというよりは、栄養補助として食べるイメージが良いかと思います。

まとめ

今回はホワイトチアシードとその効果などをまとめてみました。

ちなみに食べ方ですが、そのまま食べるのではなく、水に浸してから食べます。
しかも10倍の量の水に浸します。水の温度は10~12度で12時間以上浸します。
これを冷蔵庫に保存して1週間以内に使い切ることです。

見た目がカエルの卵のようになります。これで「無理」となった方も多いとか。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>