厄年に男性がやってはいけないことってある?過ごし方の注意点とは

厄年は何か良くないことが起きる。
世の中の厄年に対する印象はそんなものでしょうね。
厄年なんて無ければ良いのに、、、
なんて思ってる人もたくさんいることでしょう。

でも、視点を変えれば、厄年は自分を振り返り行いを正す時期とも考えられます。

SPONSERED LINK

厄年男性の場合の数え方。

男性の本厄は、25歳、42歳、61歳です。
その前後1年が前厄と後厄になります。ということは、気をつけ
なくてはならない期間が3年続くことになります。

さて、男性の場合の厄年の数え方ですが、
数え年の数え方でいくと生まれた時には1歳と数えます。
数え年は誕生月で数えるのではなく、お正月を迎える度に1つ歳をとると数えます。

誕生日を迎える前であればプラス2歳、
誕生日を迎えた後であればプラス1歳、
を加えるということになります。

この計算でいくと、

2015年(平成27年)に本厄を迎える男性は、
⇒1991年・平成3年生まれ(25歳) ひつじ年生まれ
⇒1974年・昭和49年生まれ(42歳) とら年生まれ
⇒1955年・昭和30年生まれ(61歳) ひつじ年生まれ

ということになります。

厄年、男性がやってはいけないことは何?

一般的には、

・新しいことは控える
・高い買い物をしない
・健康面、精神面を健全に保つように気を配る

というのがありますね。

SPONSERED LINK

厄年の男性には“長いもの”をプレゼントすると良いといわれますね。長財布、ベルト、ネクタイなどが当てはまります。

厄年の過ごし方、心構えとは

まずは『厄払い』をやってもらいましょう。
これだけでも気持ちは違います。

<25歳>
大学を出て社会人となり、そろそろ慣れてきた頃。
社会人1年生の緊張は何処へやら、すでに気持ちも緩みがち。。。
こんなときは失敗をしてしまう確率が上がります。
「シッカリせんかい!」と言われそうな時期ですね。

<42歳>
仕事のプレッシャーや出世競争にどっぷり浸かる時期。
体を壊さないように、健康状態をチェックしましょう。

<61歳>
定年となり、何かが外れたようになってしまい、体調を崩す人も
出る時期です。

こうして見ると、それぞれが大事な時期に厄年があたっています。
どうも厄年というのは、総合的な“自分チェック”の時期といっても
良いようです。

厄年の期間は自分を振り返ってみる期間でもあると思います。

■ワンマン過ぎたところはなかったか?
■誰かを傷つけてはいなかったか?
■これからはどうあるべきか?

など、過去を省みることで未来を修正する、そんな大切な時期でも
あると思います。

まとめ

気をつけなくてはならないのは、あまりにも厄年を気にし過ぎ
ないことです。マイナスの思い込みが強すぎると、何でもかんでも
厄年のせいになり兼ねません。

みんな通ってる道を自分も通ってるに過ぎない、そんなふうに
割り切りまし

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>