オールシーズンタイヤと夏タイヤ、スタッドレスタイヤの違い。メリットは?

もしかしてオールシーズンタイヤを購入しようか迷っていませんか?
このタイヤは1年通して使えるものの、本当に雪の日でも大丈夫なのか?
夏の日の走行は快適なのか?いろいろと知りたい疑問がありますよね。

今回は本当にオールシーズンタイヤにする価値があるのかどうかを
スタッドレスタイヤと夏タイヤの違いを比較してお伝えしたいと思います。

SPONSERED LINK

オールシーズンタイヤと夏タイヤ、スタッドレスタイヤの違いは?

オールシーズンタイヤとは読んで字のごとし、一年中季節を問わず履けるタイヤです。
夏の日でも、冬の雪の日でも安心して走行することができます。そして夏タイヤは
夏用に、スタッドレスタイヤは雪道、凍結していても大丈夫なように作られています。

オールシーズンタイヤのメリットデメリットは以下に書いていますので、残りのタイヤの
特徴について書いてみます。スタッドレスタイヤは雪道、凍結していても走行可能です。
ただ雨の日は滑りやすく、燃費は悪くなってしまいます。

夏用タイヤは雪道に走行することは不可能になります。ウエットな路面に対して普通に
走れるようになっていますが、それだけ。ただスタッドレスやオールシーズンに比べて
燃費は伸びるでしょう。

この違いから分かる通り、どこで車を走らせるか?になります。雪が全く降らなかったり
多少降る程度であればサマータイヤでも問題ないでしょう。実際、わたしもこれまで
スタッドレスタイヤを使ったことがありませんでした。でも雪は降っていましたよ。
多少の雪であれば安全運転すれば大丈夫です。

寒冷地であればスタッドレス装着は必須でしょう。雪が降ったら動けなくなりますから。
実際走ってみましたが、雪道でも滑らず走れますね。違いは一目瞭然です。

オールシーズンタイヤにすることのメリットは?

なんと言ってもタイヤの交換をしなくて良いところです。私も冬にはスタッドレスに
交換しています。11月頃には交換しますが、その時期になると憂鬱になります。
交換時間は30-40分くらいですが、タイヤを運ぶこと、重さ、交換自体が腰に
響いてきます。本当に面倒臭いです。軽自動車でこれですから、普通乗用車や
大型車、SUVなどを持っていたら、ちょっとした仕事になっちゃいますね。

SPONSERED LINK

自動車を保有する上で面倒な作業をアンケートしたところ、タイヤの交換が実に53%と
半分を占めました。世代別では20代が72・0%と、交換作業が面倒だと考えています。
また二人に一人はシーズン毎のタイヤ交換が煩わしいと答えています。

世代によって違いはありますが、タイヤを交換しなくても良いというのは大きなメリット
だと言えますね。個人的には作業する場所などが関係していると思います。

20代などはアパートに住んでいることがほとんどかもしれません。そうなると作業する
スペースがありません。私はマンションですが、となりに駐車する車との幅が狭いですし
近くに駐車できないとなるとかなり苦しいです。
もし一軒家で立派な車庫があり、りっぱな交換道具があれば違っていたかもしれませんね。

タイヤにかかる費用もメリットがあります。タイヤそのものだけみると、オールシーズンの
タイヤはグッドイヤーのVecter4Seasonsなど種類そのものが少なく高いです。
たしか一番安くて1本7千円くらいだと思います。

しかしこのタイヤでなければ夏タイヤと冬タイヤの両方を持たないといけないことになります。
単純計算で費用が半分になるわけですね。また履き替え費用もあります。幅がありますが
2千円から5千円が浮くことになるわけです。お店に行く手間も省けますね。

オールシーズンタイヤのもう一つのメリットはタイヤの保管場所です。冬用夏用などの
タイヤがあると保管する場所に大変困ります。しかしオールシーズンタイヤであれば
保管場所自体がいらないのです。集合住宅に住んでいるなら猶更ですね。

オールシーズンタイヤにすることのデメリットは?

オールシーズンタイヤのデメリットは雪の状態によっては走行自体が危険になることです。
シャーベット状や浅雪であれば大丈夫ですが、アイスバーンなど完全に雪が固まって
しまっている状態では役に立ちません。

また雪道でも大丈夫なように作られているので、通常に道路では燃費もそれほど伸びる
わけではありませんし、グリップ性能もそこそこです。夏タイヤ、冬タイヤのそれぞれの
弱点と比べれば優れていますが、得意分野で比較するとかなわないでしょうね。

また高速道路の冬タイヤ規制では、スタッドレスタイヤとチェーンは許可されていますが
オールシーズンタイヤはすべてが許可されているわけではありません。せっかく冬用にと
購入したのに高速を走れないとなると全くもって意味がなくなってしまいます。

まとめ

今回はオールシーズンタイヤと夏タイヤ、スタッドレスタイヤの違いを
比較してまとめてみました。いかがでしたか?

住んでいる地域の天気や、住居、使用目的、頻度などが争点になるでしょうね。
あなたの地域ではどのタイヤが最適でしょうか。

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする