オールシーズンタイヤのウェット性能と雪道凍結路面の氷上性能はどう?

オールシーズンタイヤは1年を通して夏でも冬でも履けるタイヤなのですが
実際、ウエットな路面や雪道、アイスバーン路面などの性能はどのくらいな
ものなのでしょうか?気になりますよね?

そこで今回はオールシーズンタイヤの性能を調査してみました。
チェーン規制がある高速道路でも大丈夫なのかもまとめてみましたよ。

SPONSERED LINK

オールシーズンタイヤのウェット性能はどうなのか?

ウエット(濡れたり湿ったりしている)路面に関してのオールシーズンタイヤの
性能についてはどうなのでしょうか。まずはなぜ滑るのかという点を考えます。

タイヤがスリップする原因はタイヤと路面の間に水の膜が出来てしまうことです。
そのためウエットな道で走るためには、膜ができないように排水力を高めるように
作られていることが必要です。実はオールシーズンタイヤは高い排水性を持たせる
べく路面の接地面のデザインが工夫されています。

普通に走る分に関してはウエットな路面でも問題なく走ることができます。ただ
夏タイヤ程のグリップ力はありません。夏タイヤはウエットやドライ路面を
バランスよく走るために工夫されていますが、オールシーズンタイヤは雪道でも
走れるように工夫されているため、ゴム質が柔らかく多少性能が劣るのです。

オールシーズンタイヤの雪道や凍結路面での氷上性能は?

JAFが行った雪道・凍結路における様々なタイヤの制動距離の統計が行われました。
これは圧雪路(雪が踏み固められた状態の路面)と氷盤路(凍結した路面・アイス
バーン)での実験です。タイヤは新品で40キロからの制動距離です。
3回行った平均値を出します。

オールシーズンタイヤの結果です。
圧雪路では22・7メートル、氷盤路では101・1メートルでした。

他のタイヤとの比較(圧雪路)
・ノーマルタイヤ 29・9
・スタッドレスタイヤ 17・3
・ノーマル+チェーン 28・4

他のタイヤとの比較(氷盤路)
・ノーマルタイヤ 105・4
・スタッドレスタイヤ 78・5
・ノーマル+チェーン 59・0

圧雪路ではスタッドレスにはかなわないものの、ノーマルとは7メートルもの差が。
アイスバーンでは逆にスタッドレスの差が23メートルにも達した。ノーマルよりは
多少効く程度になりました。

SPONSERED LINK

雪道や圧雪路では多少効くものの、アイスバーンではあまり役に立たないことが
実験でわかりました。やはり豪雪地帯ではスタッドレスが一番です。
多少雪が降る程度であれば、オールシーズンは安心できるようですね。

やはり1年を通して使える便利さがあるものの、性能的には特化したタイヤには
かないません。面倒臭くても履き替える方が一番安心なのでしょうかね。

オールシーズンタイヤはどの程度の雪に耐えられる?チェーン規制の道路でも大丈夫?

あくまで一個人での感想です。積雪程度ならなんとか耐えれる程度です。基本的には
雪道走行はおススメしません。平地の圧雪路ならそっと走れますが、ブレーキの制動
距離は長くなるので、かなり前からブレーキをかけなければなりません。

中古車情報誌のグーのパーツ部分のサイトでも、雪の降り始めや、軽く降り積もった
雪、シャーベット状の路面程度まで走れるという認識です。

オールシーズンタイヤの側面には「M+S」「SNOW」の刻印がありますので、冬用の
タイヤとして認識され、高速道路でのチェーン規制でも通行が許される場合があります。
しかしチェーン規制は都道府県の公安委員会が道路の状況、気象状況に応じて、規制の
内容を判断するので、チェーン規制道路を走れないことがあります。

すべての都道府県の公安委員会の情報は載せられないですが、雪国やそうでない県の
委員会の規制内容を一つずつ載せてみますね。

◎北海道

積雪し、又は凍結している道路において自動車若しくは原動機付自転車を運転する時は
スノータイヤを全車輪に装着し、又はタイヤチェーンを取り付ける等、滑り止めの
措置を講じること。

◎東京

積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、自動車又は
原動機付自転車を運転する時はタイヤチェーンを取り付ける等して滑り止めの措置を
講じること。

※二つの県の公安委員会の規制内容を書きましたが、違いがわかりましたか?違う
部分は二つで、一つは全車輪か一部という点。もう一点は具体的に措置の手段を
定められていないが、「等」と書き、措置とみなされるものがあるようです。

つまり東京の方が少し緩い規制だということです。
全国の都道府県の公安委員会の規制は「都道府県別のチェーンとタイヤ規則に関する
道路交通法施行細則・道路交通規則」のPDFにまとめられています。

まとめ

今回はオールシーズンタイヤがウエット路面や氷上の路面でも大丈夫な性能を
持っているのかを調査してみました。

結果、ウエットな路面や雪が降り始めの道では多少大丈夫なのですが
アイスバーンでは全く役に立ちません。圧雪路でも怖いくらいです。便利なものですが
スタッドレスタイヤも常備しておいた方がよさそうです。

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする