昇進の挨拶メールを社外(取引先)に送る場合のタイトルや例文のご紹介

shoushinaisatu

会社で昇進した場合、同僚は良いとして、取引先に送るメールはどうしたらいいか
考えてしまうものです。
今後も仕事のパートナーとなりますし、仕事の引き継ぎでも大事なメールになります。
ポイントを抑えたいものです。

そこで今回は昇進の挨拶メールを取引先に送る場合のタイトルや例文を調査して
みました。
それぞれの会社特有の事情もありますが、臨機応変に参考にしていただけたら嬉しく思います。

SPONSERED LINK

昇進の挨拶メールを社外(取引先)に送る場合のタイトル例

メールの場合、宛名か件名になるわけですが、どんな内容なのかがわからない
メールを相手に送ってしまうと、相手を手間取らせるだけです。

故にタイトルは見ただけで何のメールなのかがわかることが大切です。
自分の昇進であれば「○○就任のご挨拶」という感じになります。

長い件名だと読みにくくなるので短くシンプルなタイトルがいいですね。

昇進の挨拶メールを社外(取引先)に送る場合の書き方のポイント

昇進によって気になるのは今後のお仕事のことです。昇進により担当者が変わる
のでしょうか。
もしそうであれば新しい担当者や今後の引継ぎなどの内容を記載するのは親切なことでしょう。

SPONSERED LINK

担当が変わらない場合でも、そのことを内容に含めて、今後もビジネスの協力を
いただけるようにお願いしましょう。

さらに新しい役職によって自分が行う業務も伝えましょう。
会社それぞれで制度は違ってきますので、同じ役職であったとしても仕事内容は違うかもしれません。
とにかく仕事に関することはシンプルに確実に伝えましょう。

昇進の挨拶メールを社外(取引先)に送る場合の例文

ごく一般のシンプルな昇進の挨拶メール例文です。

謹啓 新緑の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて私こと、このたび○○年間わたり務めてまいりました課長代理の職を退き
正式に課長に就任いたしました。

課長代理在任中は、公私にわたりひとかたならぬご厚情を賜りまして、誠にありがとうございます。
なお後任の課長代理には前係長の○○が就任いたしました。わたくし同様
よろしくご支援を賜りますようお願い申し上げます。

まずは略儀ながらご挨拶申し上げます。

平成○年○月○日           株式会社○○ 課長 ○○

まとめ

今回は昇進の挨拶メールを社外に送る際のポイントと例文を書いてみました。

書いてみると、こんな感じか、と思いますが
全くないところから書くのは難しいものです。ポイントを
しっかり押さえましょう。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>