ガスコンロ掃除の頻度って?毎日した方がいい?簡単なお手入れ方法

大掃除の話題がテレビや雑誌で特集されることが増えてきましたが
掃除の中でも面倒な場所、ガスコンロってどれくらいの頻度で掃除するのが
いいのでしょうか?

家庭によって生活スケジュールがことなるため、
お掃除の頻度も違いがあると思います。

でも、毎日ちょっとしたことをするだけで、
面倒なお掃除の時間を減らせることができたら嬉しくないですか?

負担にならない掃除ができたらいいですよね。

SPONSERED LINK

ガスコンロの掃除の頻度ってどのくらい?

後々の大掃除時のガスコンロの掃除の大変さを思えば、普段からやってよかったなぁと毎度後悔しますよね^^;
最近、インスタグラムでフォローしている人も、毎日キレイにキッチンリセットされていらっしゃり、
それを見て、「自分もちゃんとやろうかな」という気になっています。

ガスコンロの掃除は、調理に使う「フライパン」「お鍋」と同様に考えて使用したらそのつど洗う方がいいと思います。

というのも、使用した後なら、汚れはすぐに落ちますが放置する期間が長ければ長いほど大変になります。
大変な汚れには強力洗剤や労力もかかります。

鉄は熱いうちに打てという言葉がありますが、ガスコンロも完全に冷え切って固まってしまう前よりも
ほんのり温かいうちにさっと拭いてしまった方が汚れが取れやすいですね。

五徳をゴシゴシ洗うのは面倒なので、それ以外で、楽にきれいにする方法をご紹介します。

毎日これだけはしておきたい、ガスコンロの簡単なお掃除方法

使うたびに軽く拭くことがベストです。
ガスコンロの油汚れは放置すればするほど、掃除が大変になります。

吹きこぼれなど油分が少ない汚れであれば、水拭きでもいいですが
油がはねたときはティッシュにアルコール除菌剤をスプレーして
拭いておくとすっきりしますよ。

最近流行していて人気があるのは、こちらです。このボトル上でティッシュをプッシュするだけ。
お手軽で使いやすいと人気ですね。

また我が家ではウェットティッシュを常備して、気になった油汚れをささっと拭けるようにしています。

このウェットティッシュ、しっかりと液がしみこんでヒタヒタなので、ついたばかりの汚れならすぐに落ちるのがいいところです。

こういったものがあると、ガスコンロだけでなく、キッチン全体でも使えるので、常備して、何か落としたらササっと拭いてもいいでしょう。

また最近人気があるのは「セスキ炭酸ソーダ」ですね。

水で薄めてスプレーボトルに入れ、シュッシュと上から吹きかけるだけで汚れが簡単に落ちます。
五徳なんかもこれでやっておくと後が楽ですね。

ガスコンロをなるべく汚さないようにする対策(方法)

なるべく汚さないようにするには、毎回使用後に
「五徳を洗う」「ガスコンロをアルコール除菌剤で拭く」など
まめに洗うことが大切です。

それが一番だとわかってはいるけれど、多忙で難しいという方には
こんなアイテムで汚れを少なくする方法はいかがでしょうか?

台所用のアルミシートや五徳回りにプロテクトシートを
事前に貼っておきます。

汚れたら取り替える、また汚れたら取り替える・・・
まめに洗うことが難しい場合は、キッチン便利品を使用するのも
いいのではないでしょうか。

100円ショップには便利アイテムが揃っていますので、利用するのも
ひとつの方法ですよ。

また、頑固なガスコンロ(五徳)汚れを取る場合の方法(動画もご紹介しておきます)


まとめ

一言で片付けてしまうと、キッチン掃除って慣れだと思います。
でも、なかなか出来ない場所でもあります。

年末にむけて大掃除ムードを見方につけて、
ガスコンロ掃除を頑張ってみませんか?

きれいに出来たら、その後はこまめにお掃除する習慣を身に付ける!

これで来年からは、ひとつ悩みが減るはず・・・です。

SPONSERED LINK