クリスマスカードの書き方、 英語で子供に書く例文と宛名の書き方

クリスマスカードを子供に書く時、英語で書いた方がなんか本格的♪
サンタさんからのお手紙がとどくと、より夢が膨らみますし、
せっかくなら本物っぽく書いてあげたいですよね。

ですがいざ書こうにも英語苦手だし・・・汗
そんなあなたにクリスマスカードを英語で書く場合の書き方についてお伝えします。

SPONSERED LINK

クリスマスメッセージを英語で書く時の例文

 

よりシンプルにいくならこんなメッセージ。

I wish you a Merry Christmas.
→クリスマスおめでとう。

Wishing you a wonderful Christmas.
→すばらしいクリスマスになりますように。

May you have a warm and joyful Christmas this year.
→あたたかくて楽しいクリスマスになりますように。

新年の挨拶も込めて、簡単なメッセージ

I wish you a Merry Christmas and a Happy New Year.
(すてきなクリスマスと幸せな新年になりますように。)

I wish you have a Merry Christmas and a Happy New Year.
(楽しいクリスマスと幸せな新年でありますように。)

Wish Christmas and the the New Year bring you joyful hours.
(クリスマスと新年が楽しい時間をもたらしますように。)

宗教色を出さないような雰囲気で。

Happy Holidays!
→ハッピーホリデー!

Much peace, love and joy to you in ○○.
→○○年に、安らぎと愛と喜びがあなたにありますように。

SPONSERED LINK

文末はお子様へ送るメッセージなので、

Yours,
Love,
Kisses,
Hugs,
Peace,

Sincerely,
→こころをこめて など、
わかりやすい単語の方が、いいですね^^

カードの結びには、
自分のサイン入れます。

封筒に書く宛名はどのように書く?

日本語と英語では、
住所の書き方の順番が異なります。

また、
City(都市)
Pref(都道府県)など、
描く必要はありません。

氏名
建物名 部屋番号
番地 町名 区名
市町村名
都道府県名
郵便番号
国名

日本とは逆になる感じです。
書く場所も異なります。

差出人の住所は左上に書きます。
宛先は右下に書くのが一般的です。
封書のデザインにもよります。

部屋番号の前には、
#をつけるとわかりやすいですよ。

まとめ

日本の年賀状は元旦前には届けられませんが、
クリスマスカードはクリスマス前には届けられないというわけではなく、
12月にはいると次々と届けられます。
12月の10日前後に送れば
クリスマス前にはほぼ届くと言われていますが、
送り先の国に郵便事情によって変わってくるので、
日数には余裕をもって出しましょう!

※あなたにオススメの記事
>>クリスマスプレゼント交換。子供に500円、1000円以内のオススメ

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>