年賀状の一言メッセージには何を書いたら良い?上司、会社への文例

今年も残すところあとわずかになりましたね。この時期に気になるのは年賀状でどんなメッセージを添えるか?
ではないでしょうか。あと一言、何か足りない・・そう感じている方も少なくないはずです。上手や会社への
年賀状で気の利いた一言を添えるための文例などをご紹介します。どうぞイメージアップにつなげてくださいね。

SPONSERED LINK

どんな内容を入れたら良い?入れるべき内容とは?

一般的にどんな内容を入れるべきかを箇条書きでまとめました。少し重複する点もあるかと思いますが、参考に
なれば嬉しいです。基本的に年賀とは、日ごろお世話になっている人、ご無沙汰している人、新しい年を迎えるに
際して行う挨拶です。

日ごろのお付き合いに感謝をあらわし、今後の変わらぬ親交と1年の幸せを願います。感謝、気遣いなど前向きな
言葉やメッセージが並びます。年賀状を見て心が温かくなったり、嬉しく思えるようなイメージでしょうかね。
逆に「衰える」「絶える」「破れる」などの縁起の悪い表現は避けるようにしましょう。

◎今年もいい一年になるようにということ。
◎昨年は大変お世話になったこと。(仕事の指導など具体的に)
◎今年の自分の決意
◎相手の体調などを気遣う言葉
◎食事などのお誘い
◎近況を知らせるメッセージなど
◎相手の近況を尋ねること
◎感謝の気持ち
◎幸せなどを願うメッセージ
◎共通の話題があればそれについてのメッセージ
◎今年の予定をお知らせする

相手が上司だった場合、どんなことを書くか?

相手が上司の場合、やはり日ごろの指導への感謝ですね。ある方は「チャレンジさせてくださって・・」という
気持ちを表したものを書いておられました。当然ながら新年を祝う挨拶は欠かせません。この場合、目上の人でも
失礼がないような「謹んで」や「恭しく」などの表現が良いようです。

会社宛に出すのであれば、役職名も書きます。自宅宛であれば「様」で良いようです。直属の上司ではない、普段
あまり接することがない方であれば、差出人のところに自分の部署名を書くとわかりやすい。

SPONSERED LINK

相手が上司だった場合の例文

昨年は多大なご支援をしてくださりありがとうございました
◯◯さんのおかげで・・・・(仕事・プロジェクト名)を無事完了できました。
本年度も引き続きご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

新春のおよろこびを申し上げます。
旧年中は本当にありがとうございました。
今年は入社○年目になります。◯◯さんからのご指導をさらに活かし
成長できるよう努める決意でおります。

本年も相変わらず御指導のほど宜しくお願いいたします。

相手が会社、取引先だった場合どんなことを書くか?

昨年お世話になったことへのお礼や、近況の報告なども入れることができます。この近況を報告することは
定型文という味気ないものになりがちな年賀状に変化を加えることになるのでおススメです。また新しい年の
幸せを願う言葉も入れたいですね。そして新しい年のお付き合いをお願いする言葉も入れます。

◆相手が会社、取引先だった場合の例文

昨年中は格別のご用命を賜り、心より御礼申し上げます。
本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。
本年も何卒ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

旧年中は格別のお引き立てを賜わり有難く厚く御礼申し上げます
本年も社員一同精進いたしますので、なにとぞ倍旧の御支援のほどお願い申し上げます。

まとめ

上司や取引先への年賀状メッセージの書き方をまとめてみました。一言に年賀状のメッセージと言っても
お付き合いのほどや、直属なのか、など色々な状況によって違ってくるようです。自分に合ったものを見つけて
作成してみてくださいね。この記事がお役に立ったのであれば幸いです。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>正月ひとり暮らしの楽しみ方。暇だけど帰省しない場合はどうする?

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>