喪中はがきを出す時期はいつからいつまで?切手はどうする?

SPONSERED LINK

今年も、年賀状の発売日が、発表されましたね。
2015年は、10月30日です。

しかし、今年、不幸があった方は、年賀状ではなく、
喪中はがきを出しことになりますね。

ちなみに、私も、今年は喪中ハガキを出します。
そこで、喪中ハガキに関して調べました。

喪中はがきを出す時期、切手のマナー、喪中はがきの注文場所?
郵便局以外でもあるの?等について、紹介していきます。

SPONSERED LINK

喪中はがきを出す時期について

相手が年賀状を書き始める前に、届くことがベストです。

せっかく、年賀状を書いても、年賀状が返ってこないと、寂しいですし、
不幸があった方に、年賀状を書いてしまうと、出した方もいい気はしませんね。

ですので、11月下旬から12月10日頃までに、相手に届くことが望ましいです。

但し、12月に不幸があった場合で、喪中ハガキの発送が間に合わない時は、
もらった年賀状のお返しに、「寒中見舞い」などを送るのが、良いでしょう。

寒中見舞いは、年が明けた1月8日から2月3日までに、届くように出しましょう。

喪中はがきにつける切手についてのマナー

実は、マナーというものは、これといってないのです。

弔事用50円切手(花文様)は、ありますが、
普通切手でも、問題はありません。

弔事用50円切手が、貼ってあると、それを見ただけで、
不幸があったことが、相手は分かります。
弔事用切手は、50円・80円があります。

また、一度に、10枚以上を投函する場合は、郵便局で、
料金別納を利用すると、切手を一枚一枚、貼る手間が省けます。

すみません、マナーありました。しいて言うならば、
不幸あって、喪中ハガキを出して、弔事用切手が、たとえ余ったとしても、
弔事用切手を、年賀状をいただいてしまった人に出す、寒中お見舞いのハガキに、
貼るのは、やめてくださいね。

「寒中お見舞いは、弔事(おくやみ)ではない」からです。

喪中はがきの注文ってどこでできるの?郵便局以外にもできる場所は?

◇喪中はがきの注文ってどこでできるの?

正確に言うと、喪中はがきは、郵便局にはありません。

通常はがきで、料額印面が胡蝶蘭のものがありますので、
胡蝶蘭のものを、喪中はがきとして使用される方が多いです。

◇郵便局以外で、喪中はがきの注文(裏面印刷)ができる場所

・ネットの郵便局総合印刷サービス
・文房具店やコンビニ、スーパー
・ビッグカメラなどの量販店
・楽天等のネット文房具店
・自宅で、市販の私製はがきや通常はがきを用いて、PCで作ることもできます。

おまけ

◇12月に不幸があった場合で、年賀状を購入済みの時は。

郵便局で、年賀状を、1.料額印面が胡蝶蘭の通常はがき2.弔事用切手に、
変えてもらうことができます。とりあえず、年賀状を持って、郵便局にGOです。
書き損じではないので、5円の手数料は、かかりません。料金は、無料です。

ですが、ごめんなさい。無料期間をもうけています。

年賀状等の発売開始日~発売終了日までです。
郵便局は、慈善事業ではないので、無駄な在庫は抱えられないということでしょう。

ただし、逆は、NGです。
料額印面が胡蝶蘭の通常はがきを、年賀状に変えることはできません。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回は、喪中はがきを出す時期、切手のマナー、喪中はがきの注文場所?
郵便局以外でもあるの?等について、紹介させていただきました。

これで、喪中はがきの準備はできますね。
予定を立てて、11月下旬から、発送していきましょう。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>喪中で新年の挨拶はどうする?会社やメールなどの場合。

SPONSERED LINK