オールシーズンタイヤの寿命は長い?交換時期の見分け方は?

1年を通して使えるオールシーズンタイヤ。便利ですが、それだけ使えるので
あれば、寿命はどれくらいか知っておきたいと思いませんか?長く使えるのであれば
多少高くても購入する価値はありますもんね。

交換時期の見分け方は他のタイヤと同じなのでしょうか。
今回はタイヤの寿命と交換時期の見分け方を溝や摩耗、年数や保管などに分けて
調査してみました。タイヤを買い変える際の目安にしてみてください。

SPONSERED LINK

オールシーズンタイヤの寿命は長い?通常のタイヤと比べるとどうなのか

通常のサマータイヤと同じ4年ほどです。ただ使用頻度や環境などにより2-3年
になることもあります。常にタイヤの状態をチェックすることで確認できます。
またタイヤのゴム自体は他のタイヤとどう違うのでしょうか。

例えばスタッドレスタイヤは路面との接着面が大きくしなやかになるために柔らかい
ゴムを使っています。しかしオールシーズンタイヤは夏と冬での機能を融合させた
柔らかくもなく硬すぎることもないタイヤです。そのために使い方によっては
サマータイヤよりも長く使うこともできるとの意見もあります。

オールシーズンタイヤの交換時期の見分け方は?(溝や摩耗について)

例えば雪道を走行する場合はスタッドレスタイヤと同じで50%、溝の残りが5ミリ
程度に摩耗した状態で交換するようにします。またタイヤの使用限界を示す用語の
スリップサインを目安にすることができます。

スリップサインの位置は△の表示で示されています。4~9個付けられていますので
すぐに見つけることができます。その△の示す位置を見ると溝に盛り上がっている所が
あります、それがスリップサインです。

これが1・6ミリ以下になると公道で走ることができません。道路運搬車両に関する
法律に違反することになるんですね。溝があるから大丈夫なのではなくて、溝の深さが
大事になります。このような通常のタイヤと同じ見分け方が必要になります。
ちなみにブレーキなどの性能が落ちてくるのが3・2ミリからと言われています。

オールシーズンタイヤの交換時期の見分け方で知っておくべきこと(年数や保管状態について)

購入したタイヤであれば年数で見分けることができますが、もらったりすることも
ありますよね。そんな場合の見分け方はサイドウオールというタイヤの側面の
製造年数を見ることができます。例えばX3017と書いてあったとすると
2017年の30週目という意味です。これらを目安にすることができますね。

SPONSERED LINK

タイヤにはゴムが使用されています。ゴムは劣化するとだんだん硬くなり、最後には
ボロボロになってしまいます。輪ゴムなどがそうなったのを見たことがありますか?
こんな理由でタイヤにヒビがあったり、硬くなっていたら交換時期がきているという
ことになりますね。ヒビから亀裂が入っていないかもチェックしてください。

注意したいのは「ピンチカット」です。これはタイヤの側面に盛り上がったような
変形のことを言います。そんなのみたことがありませんか?これはタイヤの内部で
カーカスコードというものが切れている状態を言います。簡単に言うと、そのまま
走り続けるとバーストを起こす危険性が高いのです。
ピンチカットは修理が不可能なので、それらを見つけたら即交換になります。

ちなみに使わなくても時間の経過したタイヤは交換時期が早まるのでしょうか?
答えは「NO」です。勿論、劣悪な保管状態であれば少しは早まるかもしれませんが
そんなに変わることはありません。そうであれば、適正な保管状態であれば劣化が
早まるなんてことはないのです。

こんな理由でタイヤを使わず長く保管していたから交換時期が早まるわけではありません。
劣化が始まるのはタイヤを使用し、高温になったり変形したりすることで徐々に劣化が
早まるのです。つまり交換時期はタイヤの状態や使った期間ということになります。

偉そうに保管状態で劣化しないと書いていますが、自然な劣化は確かにあります。少しだけ。
では適切な保管状態とはどんな仕方でしょうか。まずは雨の当たる場所、直射日光や
湿度の高いところでは劣化が早まります。それらの場所を避けましょう。カバーをかけたり
涼しい場所に置くことができます。

タイヤホイールと共に保管する場合は、内圧を弱めるために空気を少し抜きましょう。
タイヤのみを保管する場合は、変形を防ぐために縦置きにします。平積みする場合は
下になるタイヤの変形に注意して、時々積み替えを行ってください。

またタイヤはその作りや性質から油分と相性があまりよくありません。ワックスなどを
かけている場合は拭きとってから保管することをおススメします。

まとめ

今回はオールシーズンタイヤの寿命と交換時期について調査しました。
多少の違いはありますが、ほぼ他のタイヤと一緒です。上記の内容をよく確認しながら
交換時期を見分けていきましょう。

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする