鳩の卵を処分すると法律に触れる?撤去の方法と産ませない対策

鳩の被害はどこの場所でも多いようです。糞などの被害のほかに卵があります。
生みつけられてしまうと、なかなか撤去が難しいようです。

今回は鳩の卵を処分するための方法と、卵を産ませないための予防策を
調査してみました。今からでも遅くないので是非やってみてください。

SPONSERED LINK

鳩の卵を処分すると法律に触れる?

これもツバメの巣と同じなのですが、鳥獣保護法と狩猟に関する法によって
鳩を含む野鳥の卵は処分できないようです。もし処分してしまうと、1年以下の懲役
100万円以下の罰金が科せられてしまいます。

卵とは別に鳩を駆除することに関しても同じことが言えますが、単に駆除しなければ
大丈夫かと言うと、そうではなく、意図的に衰弱させる方法や過度な威嚇など、直接
手をかけなくても違法になってしまうことがあります。

鳩の卵の撤去方法

上記の鳥獣保護法に関する法律がありますので、業者にお願いするのが一番ですね。

以下の有名な業者があります。

・日本鳩対策センター
・鳩対策専門事業部
・鳩110番
・武田環境衛生株式会社

SPONSERED LINK

鳩の卵は絶対処分してはいけないかというと、細かく言うとそうではなく、生態系
や農林水産業に関して、鳥獣に関する被害が生じている場合、必要が見とられる場合は
都道府県知事の許可を受けてから、捕獲することが認められています。

なので、許可を受けている業者に頼むのが一番ですね。

鳩の卵を産ませない対策

鳩は他の鳥と比べてメチャクチャ卵を産みます。通常、年間1~2回するのに対して
鳩は5~6回も卵を産みます。繁殖率もすごく高いので被害が絶えないのですね。

鳩はベランダに卵を産むことがあります。見えない場所、例えば室外機の裏などに
ある場合があります。小枝などを運んでいる場合はそうです。なので、ベランダに鳩が
来ているのが確認できる場合は要注意です。

具体的な対策は小まめに清掃します。物を置かないこと。小枝などに気づいたら
すぐに清掃することです。これはかなり有効です。あとは、鳩がよく休む場所に
針山を置くことです。鳩が休めないのであれば糞の被害もないので効果的です。

あとは鳩の天敵と思える置物を設置することです。おもちゃでも蛇やカラス、猫
などの置物は効果的です。少し大きいものがいいでしょうかね。

まとめ

鳩の卵を処分するための対策をまとめてみました。

◎業者に頼む
◎鳩や卵を産ませないための清掃をこまめに行う
◎天敵の置物を置く

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする