猫風邪の対処法。治療はどうする?鼻水や目やにの処置は?

nekokaze-taisyohou
人間の風邪が単一の病原体で起こるのでないように猫の風邪も一つの病原体でなく、
ウイルス、細菌、クラミジア、マイコプラズマなど色々な病原体の複合感染によって起こることが多いです。

特に症状を悪化させる2種類のウイルス、ヘルペスウイルス、カリシウイルスは、
種混合ワクチンに入っているワクチンにより、その症状を予防または軽減することが出来ます。
いろんな病原体の複合感染ゆえ、完全に風邪から身を守ることは結構難しいそうです。

風邪の感染経路ですが罹患猫の分泌物、くしゃみ、目やに、ヨダレの直接的患者猫と同居しているとか、
たまたま病気猫と接触が外などであったとか、間接的に飼ってる人が他の病気猫を触ったとか、病気猫が使っていたようなモノに触れた、などの汚染により感染します。
潜伏期間は2日から10日ぐらいと幅があるそうです。猫風邪の症状や対処についてお話していきます。

SPONSERED LINK

猫風邪の症状

人間と一緒で鼻炎によりくしゃみを頻発したり粘液や膿性の鼻汁がでます。

ひどい場合は鼻閉で開口呼吸することがあります。

結膜炎により眼瞼(まぶた)がはれぼったくなったり涙、目やにが大量に出ます。
目の不快感が強いと目をこすって角膜を傷つけることがあるのでその前に処置してあげたいですね。

咳はわかりにくいかも知れませんがしゃっくりするような感じで声がれ、声が出なくなることもあります。
ノドの症状が強い場合は食事が喉を通らない感じを見受けられます。

口内炎舌炎で口の粘膜や舌に潰瘍が出来ることがあり、また、ヨダレが大量に出ることがあります。口臭も強くなります。

猫風邪も発熱します。普通の猫は38度台が平熱ですが39度以上時には40度前後の熱が出ます。

発熱により元気消失、食欲の消失、脱水症状が起きやすくなります。

SPONSERED LINK

病気の経過は通常5~14日ぐらいで落ちついてきますが、子猫や老猫、他の感染症、
猫エイズや白血病のある猫は症状が悪化しやすく亡くなってしまうようなこともあります。

また症状が慢性化して数週間に渡る場合もあります。
治った後に鼻炎の症状だけが慢性化してしまう場合も。

鼻水や目やにの取り方は?

おススメは眼球を傷つけないようにぬるま湯でガーゼまたはコットンを、濡らします。

なぜ、お湯かというと、

・目やにを取りやすくするため。
・刺激を和らげるため。

冷たい水だとびっくりすることがあります。
人間だって肌に突然冷たいものが触れるとびっくりしますよね それと同じです。

目やにの取り方の手順

1,人差し指にガーゼをかぶせます。猫を抱きかかえます。

2,あごを軽く押さえ、動かないように、固定。

3,目頭から目尻に向かって、人差し指に巻いたガーゼでスッとひと拭き。

※一度で取り切れない場合は、ゆっくり、数回にわけて取り除きます。

※固くこびりついた目やには、ガーゼを当てたまま少し待ってふやかしてあげると取れやすいです。

猫によって嫌いな猫は怒るので間合いを計ってトライしてみてください。

私がよくやるのは綿棒を濡らして、目の際のも取ってあげたりします。

ずっと有る目やにでより目から汚れが出ている気がするので。

頭を掴むようにゆっくりと撫でつづけゆっくりと掴み撫でを繰り返して瞬間をとらえます。

ただ猫に怒られないようにお気をつけください。

猫風邪の治療(薬)はどうする?

人間のように簡易にお店で購入はできません。

市販の風邪薬にはアセトアミノフェンという成分が含まれいるそうで、
末梢血管を収縮させ、チアノーゼをおこしたりするそうです。

猫にはとても危険な薬。死亡することもあるそうです。

やはり動物病院に連れて行ってあげましょう。

まとめ

動物だって病気になります。
もちろん、猫も。猫だって風邪をひきます。

自分で病院にはいけない猫。
助けて、って言えずに、食欲なく、ぐったりしている。
飼い主がしっかりサポートしてあげないといつもそう思います。

大事にしてあげてくださいね。

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする