傷口のガーゼが取れない場合の痛くない剥がし方とくっつかない方法


転倒したり、擦りむいたりした時、消毒してガーゼや包帯で巻きますね。実は
この後が大変。傷が治ってきて、剥がす時にガーゼがくっついたり、痛かったり
するのです。

せっかく治ったのにまた傷口が広がることもあります。ガーゼの痛くない
剥がし方ってあるのでしょうか。ガーゼがくっつかない方法ってあるのでしょうか。
今回はこれらを調査してみましたよ。

SPONSERED LINK

傷口のガーゼが取れない場合の痛くない剥がし方は?

消毒用のアルコールでガーゼを濡らし、5分ほど待てば剥がしやすくなります。
もし皮膚が弱い方であれば水で濡らし、時間をおいて剥がします。アルコールは
あまり痛く感じないようです。

消毒用のアルコールですが、マキロンが麻酔成分も入っているので良いかと。
またオキシドールでも少し染みますが良いようです。

また別の方法ですが、ガーゼをつけたままお風呂につかります。(一番最後に)
これを行うと、ふやけて簡単にはがせるようになります。

SPONSERED LINK

傷口のガーゼがくっつかないようにする方法

これはガーゼを工夫するか、傷口に塗る薬を工夫するかのどちらかになります。
塗り薬の件ですが、通常はマキロンなどで消毒しますが、白色ワリセンで行うと意外にくっつきにくいと言います。

また傷口にくっつきにくいガーゼを使用することです。それは白十字の滅菌パッドです。
キズにつきにくいパッドを使用しています。またガーゼではないですが、それに変わるキズ当て材です。メディケアの傷当て材です。

傷口の処置で注意しておきたいこと

実は比較的新しい処置で注意しておきたいものがあるのです。まずは消毒は行う
必要はありません。治癒を遅らせるだけで、感染のリスクも高くなるそうです。
じゃあ何をするかというと、水道水で異物が流れるまで洗浄します。

クリームなどは界面活性剤などが入っているために刺激があり、使用すべきでは
ありません。代わりに白色ワリセンを使います。

使い方としては傷口ほどの大きさにラップを切り、そこにワリセンを塗ります。
この量は少量です。そのラップを覆うためのガーゼをします。これで完了です。
ちなみに他の人の傷口を処理する場合は、感染予防のために手袋を付けて行います。

まとめ

今回は傷口のガーゼを簡単に取る方法とくっつかない方法をまとめました。

調査するとガーゼを直接傷口に当てるのは良くないということで
これ自体辞めればくっつくことはなさそうです。

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする