香典を有志一同で出して香典返し不要と伝える方法と、書き方例文

香典を有志一同で出して、香典返しを辞退される方が増えているようです。
しかしその伝え方と書き方など、悩んでしまうことも多いですよね。

そこで今回は香典を有志一同で出して、返しが不要だと伝える方法と
文例を調査し、まとめてみました。

SPONSERED LINK

香典を有志一同で出して香典返し不要が望ましい金額とは?

香典返しが不要の場合でも金額が大きいと、相手はお返しをしなければと
思うのが人情です。その場合は金額を相場よりも少なくすることです。

そうしますと、遺族はほんの気持ちなのだな、とわかってくれることでしょう。
勿論、香典の裏に返しは不要だと一言付け加えておくといいでしょうね。

返しが不要な金額は、考え方が様々なので何とも言えないですが、一般的に
1人1,000円くらいであればお返しのしようがないので、不要ということで
理解されているようです。

香典を有志一同で出して香典返し不要を伝える方法は?受付にはどう伝える?

一番良いのは香典の裏書きか、香典の封筒の中の住所氏名欄に
「香典返しは不要」だとの旨を記載することができます。

SPONSERED LINK

最近では受付をすませた時に、香典返しの引換券を渡されることが多いようです。
そんな場合は、口頭で「香典返しは辞退します」と伝えることもできるでしょう。

ただ単に「不要」だと伝えるだけだと気持ちもなかなか伝わらないので
物入りなので遺族の皆様に少しでもお役立てくださいとか、大変な時期ですが陰ながら
応援しております、などの文面を加えると少し印象が変わるかもしれませんね。

香典を有志一同で出して香典返し不要を伝えるための熨斗袋の中に書く書き方例文

・香典返しは辞退させていただきます。
・香典返しは不要です。
・香典のお返しは不要です。

・誠に勝手ながらお返しは辞退申し上げます。
・勝手ながら香典返しのお気遣いは不要でございます。
・お返しのご配慮は遠慮させていただくようお願い申し上げます。

まとめ

香典を有志一同で出して、お返しが不要との伝え方と文例を書いてみました。

香典や封筒の裏書きや氏名欄に不要だと記載する
受付に口頭で不要だとお伝えする
単に不要だと書くだけでなく「色々物入りなので」など丁寧に伝える方法も。

香典を辞退することが時代の流れでおかしくなくなったので
色々方法は多岐にわたっていいかもしれませんね。

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする