転職で空白期間を面接でどう説明する?うまいごまかし方の例文


転職するまでの期間が1年以上も空いてしまった場合、何も悪いことは
なくても応募先の会社にあまり良い印象を与えないかもしれません。
面接で貴重な人材だと思ってもらえるような良い説明の仕方ってあるでしょうか。

今回は転職での空白期間をどのように説明するか
いつくかの事例と説明パターンを準備しましたので参考にしてみてください。

SPONSERED LINK

転職で空白期間を面接でどう説明する?使える言い訳(理由)とは

◎資格の取得のため

資格取得のために目的を明確に持ってスケジュールを組んでいたことを説明
すると納得してもらえる。ある方はブランク中の過ごし方を書いているのが
よかったみたいです。さらに似たようなものは「人生の勉強期間」なども。

◎リフレッシュのため旅行

あまり意味がないと思われる回答ですが、学校卒業後、休みなく働いていた
ので、リフレッシュのため旅行していたということになると、今までしっかり
働いていたことをアピールできますし、転職後はしっかり働くことも説明できる。

以下のような理由もあります。

◎希望の会社を探していた(どこでもいいではなく)
◎次の会社では退職しないよう慎重に探していた。
◎妥協してすぐに会社を辞めるような無責任なことはしたくなかった。
◎御社のような企業を探していた
◎ケガや病気

SPONSERED LINK

空白期間をうまくごまかす説明の仕方 例文 (パターン別)

◎勉強のため

前の会社を退職後、英語力を磨くことと、海外での経験を積むことを目標に
1年ほど海外に出かけておりました。海外では日本では学べない考え方や経験に
数多く触れることができたことと、英語力も格段に上がったように感じます。
改めて英語を生かした仕事がしたいと考え、今回応募させていただきました。

◎資格取得のため

前職を退職後、すぐに転職も考えましたが、やはり貴重な勉強の良い機会だと
思い、○○の資格を取得するために時間を使うことにしました。お陰様で先日
合格の通知が届きましたので、御社でこの資格を生かせる職種に付きたいと考え
応募させていただきました。

◎ブランク期間が成長を促した

以前、転職活動をしていた時は自分を生かすことばかり考えておりました。しかし
逆に意欲が空回りする結果になりました。しかし企業研究を重ねていくうちに、
自分を生かすとは会社にとって必要な人材になることだと気づきました。
自分を見つめ直す良い期間になりました。今回きっと御社のために良い働きができると感じ応募した次第です。

まとめ

今回は転職で空白期間の説明の仕方を文例をあげてまとめてみました。
だいたい数種類のパターンに分かれるかと思います。自分なりのオリジナルな
まとめ方をしてみてください。

SPONSERED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする