京都嵐山でグルメ食べ歩きをするなら絶対はずせないお店はココ

食べ歩きってなんでこんなに楽しいのでしょうか。京都嵐山でのグルメ食べ歩きするなら、絶対にはずせない
お店を3つ厳選してみました。「あーまた行きたい」そう思わせてくれるお店ばかりです。

SPONSERED LINK

食べ歩きでオススメのお店をご紹介します。

嵯峨野湯(Café Style Resort SAGANOYU)

住所や電話:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町4-3(075-882-8985)


※動画では本格派カレーをご紹介しています。

大正時代の銭湯をリノベーションしたお洒落なカフェです。
そんなお洒落なカフェですが、番台やタイル、蛇口など、
本当にここは銭湯だったんだ、と思わせる様子が見られます。

一見するとマッチしない感じですが、上手に溶け込ませているので、そこも必見ですよ。
そして、ここの名物はなんと言っても「パンケーキ」です。

pancake

普通じゃないか・・と思われるかもしれませんが、まず大きい!そしてフワフワなんです。生クリームも
甘すぎずにフルーツも合わさってボリューム満点ですが、サクサクと完食できてしまいます。人によっては
ナイフをしっかり入れないと切れないくらいに固めだという意見も。

ランチも楽しみたいなら「お豆腐パスタ」ですね。プレートにお豆腐と共に抹茶の塩が置いてあって、それを
つけて食べるとすごく美味しいです。店内は残念ながら撮影禁止ですが、テーブルの上は大丈夫みたいですよ。

本家 第一旭たかばし本店

住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町845

え?京都ですか?と思わせる京都初の醤油ラーメン店です。

ramen
時間帯は夕方の5時半から深夜2時までと記載
されているのですが、口コミなどを見るとお昼時もやっているようで、変わっているみたいですね。いつも
行列ができているお店ですが、回転率はよく、外で並んでいるときに注文を聞いてくれているので、お店へ入った
時にはすぐにラーメンが出てくる感じです。

SPONSERED LINK

お店の人たちは、愛想も元気もよく気持ちがよいです。あっさりとした醤油ベースでネギを絡めて食べるとこれが
すごく美味しいです。あっさり系なので初めての方も問題なく食べれます。ネギは多めにと言うと、ドサッと
入れてくれますよ。中太麺です。硬めが正解だったという方も多いですが、お好みで。(値段700円)

ラーメン店というと、女性1人では入りにくいと思われるようですが、全然問題なく入れる雰囲気ですよ。特に
中が綺麗で素敵・・というわけではないですが、来やすいお店ということと、味で勝負ってとこでしょうか。

嵐山 琥珀堂

住所&電話:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町1-4(075-861-0231)

lunch

京都なのに・・とがっかりしたかもしれませんがフレンチのお店です。旬の京野菜や京都産豚肉など地元の特産物
をふんだんに使った嵐山フレンチです。クラッシックな洋館で見ごたえがあるのも特徴の一つです。少しの贅沢を
ここで満喫してみるのはいかがでしょうか?

まずはケーキセットからご紹介しますと、ドリンクバイキング付で1000円以下。観光地なのにこの価格です。

じゃあケーキの味はどの程度かな、と思いきやすごく美味しいです。おすすめは抹茶シフォン、ほうじ茶シフォン、
そしてスフレチーズケーキです。味もいいですが、なんと言ってもお洒落で見ていてウットリします。
この盛り付けなども価格に入っているのでは?デートにピッタリですよ。

ランチはいろいろありますが、ワンプレートランチをご紹介します。3種類から選べますが、旬の野菜とベーコン
で巻いた国産豚のカイエットがおススメです。サフランライスがついてきますが、カイエットが味がしっかりと
ついていますのでライスとすごくマッチします。意外とボリュームがあるので女性には少しキツイくらいですね。

まとめ

京都嵐山の食べ歩きなら絶対おススメの3店舗をご紹介しました。わたしが洋食好きなので、チョイスが偏って
しまいましたが、食事だけでなく、お店の中や外観も楽しめるので是非堪能してくださいね。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>京都のお土産、和菓子で女子力UP!おすすめ5選 

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>