仕事中の睡魔に勝つための撃退方法のコツは?これをやれば即効性のあるやり方

近頃、朝晩は冷えてくるようになってきましたので、室内の暖房が温かくなり
ついつい睡魔が襲ってきて、仕事や勉強中に居眠りしてしまう季節となってきました。
また、仕事の忙しさにより、睡眠時間が削られて睡眠不足で睡魔に襲われることも
ありますよね。
そこで、睡魔に勝つ為の即効性のある撃退法を紹介します。

SPONSERED LINK

睡魔対策の飲み物

先ず始めに、「コーヒー」を思い浮かぶ人が多いでしょう。
「コーヒー」1杯のカフェインはおおよそ100mgですが、眠気覚ましには
300mg程度必要なので3杯程度飲むことが必要です。

コーヒー以外の飲み物もご紹介します。

抹茶

「抹茶」も同じようにカフェインが入っているので同等の効果が期待されます。

ハーブティー

頭をすっきりさせて、眠気を解消させる効果があります。
利尿作用も少ないので、集中して仕事や勉強をしたいときにはいいでしょう。

生姜湯

生姜の辛み成分が体をあたため、胃に刺激を与えることによって
体を目覚めさせます。

最近では金時しょうがが流行していますね。
ダイエットや体を温めることでも人気があり、
紅茶に入れたり料理に入れたりしている人もいます。

少しの量でかなりピリッと効いて温まるのでコスパも良いですね。

ココア

カフェイン程強くはないテオプロミンにより眠気をさますのですが、
効果が長時間持続しますので、夜遅くまで勉強される人等には良いかもしれないですね。

炭酸

コーラ等の炭酸飲料水でもいいのですが、できれば今流行っています
炭酸水のほうが内蔵を刺激して強い効果が期待できます。

強炭酸水が今はかなり人気があって
炭酸が強くシャッキリ感がすごいですね。

SPONSERED LINK

エナジードリンクや眠気覚ましドリンク

こちらはご自分の状況に合わせて選びましょう。

coffee

睡魔対策のツボ

眠気対策のツボとしては次のようなものがあげられます。

1. 顔のツボ
・ 攅竹(さんちく):眼のくぼみから眉毛の方に寄ったところにあるツボ
・ 睛明(せいめい):目頭と鼻の付け根の間にあるツボ

2. 手のツボ
・ 小沢(しょうたく):小指の爪の付け根から3mm程度外側のところにあるツボ
・ 商陽(しょうよう):人差し指の爪の付け根から3mm程度内側のところにあるツボ
・ 合谷:(ごうこく):親指と人差し指の骨がぶつかるところから
         やや人差し指よりのところにあるツボ
・老宮(ろうきゅう):手のひらのほぼ中央にあるツボ

3. 足のツボ
・ 足臨泣(あしりんきゅう):薬指とこゆびの骨がぶつかるところにあるツボ
・ 陰白(いんぱく):親指の爪の付け根から2mm程度内側のところにあるツボ

他にも頭部等にもツボがありますので、自分に合っているツボを探すのもいいのではないでしょうか。

睡魔対策の薬

市販薬として薬局には「眠気除去薬」というのが売っています。

エスタロンモカ

【第3類医薬品】エスタロンモカ錠 24錠

トメルミン

【第3類医薬品】トメルミン 12錠

カフェロップ

【第3類医薬品】カフェロップ 12粒

主な成分は「無水カフェイン」といいます。
水分の含まれていないカフェインということですね。

通常の栄養ドリンクの成分の一つとしても含まれていますが、やはり取り過ぎはよくありません。
常用しすぎると、血管の拡張により頭痛が起こりやすくなったりします。

ですから、どうしても必要なときだけ服用しましょう。

睡魔対策のコツ

上記の状態になる以前に、予防として対策をしましょう。

たとえば、体を動かす。これはちょっと席から立って、ストレッチでもいいでしょう。
少し本格的にラジオ体操なんていうのもいかがですか?

石鹸で腕を洗うということでもスッキリしますし、
冷たいもので目の廻りを冷やすのもいいでしょう。

また、手のひらをマッサージしたり、耳をマッサージしたりすることでも効果があるようです。

眠気が襲ってきたときに自分なりの対処方法を探してみるのもいいのではないでしょうか。
ぜひやってみてくださいね。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>