畳にカビが!!カビ取り方法は?カビ臭いのも取れる?

SPONSERED LINK

tatami

実は、畳はその素材自体が
カビの栄養源だそうです。

通常、畳は防カビ処理がされているもの。
ですが、
梅雨時期は室内で洗濯物を干したり、
旅行などで部屋を閉めきっていたり、
気密性の高い住宅や
防カビ処理をしてから日数がたっている、など
カビが生えてくる可能性は大きくなる、とのこと。

カビの生えやすい場所は、
家具と家具や家具と壁の隙間や
ベッド・ソファ・布団などの下、
カーテンの陰など、
定期的にチェックしましょう。

カビの匂いが残ってしまったら、
大変です!

SPONSERED LINK

畳のカビの取り除き剤にはどんなのがある?

一般的には薬局でお手軽に購入できる、
『 消毒用エタノール 』がオススメ。

その上、
『 カビなくなったでしょ 』なども
効果的です。

お掃除したなら、
もっとお手軽にお掃除できるように、
予防対策もとっておきたいですね。

畳のカビの取り除き方(取り除き剤を使わない掃除方法)

畳の底部から発生して表面に浮き出る事が多々あるそうです。
一度、畳を取り外して直射日光の当らない日陰で、
陰干しをしましょう。

風を通して、
再発を防ぎます。

ただ、女性一人だと難しいかもしれません。
腰を痛めたりなさらないように、
お気をつけください。

畳のカビ臭さも取れるか?ニオイを消すには?

『 消毒用アルコール エタノール 』を用いての
除去方法もお伝えします。

他にあると便利なものは、

タワシ
霧吹き用スプレー
掃除機
雑巾にできる乾いたタオル

100均などでお手軽に集められそうです。

まず、カビをお掃除機で吸います。
全部は取りきれませんが、
表面的なものは少しとれます。

そして、霧吹き用スプレーにエタノールを現役のまま入れ、 
畳のカビが生えたであろう場所に吹き付けます。

[warning]

カビを発見したら、
絶対にこすってはいけません。

[/warning]

カビの周りにもエタノールをしっかりスプレー。
ご自身も吸い込んだりすることがないように、
換気とマスクはお忘れなく。

エタノールは揮発性が高く、
畳表にシミが出来る心配はないと思いますが、
様子を見ながら行ってみましょう。

15分ほどして乾いてきたら、
吹き付けた場所を畳の目に沿って
タワシでこする。

すると、
カビがさらさらになって取れてきます。
この浮き出たカビを掃除機で吸ってしまいましょう。

再びエタノールを軽く吹き付け、
乾いたタオルで拭きましょう。

ゆっくりと確実に少しづつ除去して、
カビ臭い匂いとベタベタ感を一掃しましょう。

お掃除が終わったら、
エアコンや除湿機を使い湿度を下げると、
効果大だそうです。

まとめ

こすってはダメです、と
上記に記載しましたが、
他に絶対にやってはいけないこと、
お伝えします。

余計な水分は与えないように、
水ぶきはいけません。

カビはベタベタしていますので、
こすると余計に畳表の目に入ってしまい臭いが残ります。

カビ菌か飛散しますので叩いてはいけません。

つい、拭き取ってしまいたくなりますが、
カビかも、と思われたら、
お掃除した方が、
楽に終わるようです。

年末年始の大掃除や
梅雨時期にぜひお試しくださいませ。

SPONSERED LINK