野菜の冷凍保存期間はいつまで?野菜のおいしい冷凍保存の方法

野菜は冷凍には向かない食材です。
買ったその日の新鮮なうちに調理して、美味しく食べるのが栄養価も
味も逃さずいただけますが、少人数や、多く買い込んでしまった場合
どうしても、冷蔵や冷凍をして保存したくなりますね。

その場合一手間かけることによって、味は多少落ちることがありますが、
食材の風味は味わうことが出来ますし、保存期間も長くすることが出来ます。

SPONSERED LINK

野菜の冷凍保存期限はいつまで?

もやしの冷凍保存期限 :1~3週間
キャベツの冷凍保存期限:1~2週間
人参の冷凍保存期限:2週間~1ヶ月
大根の冷凍保存期限:2週間~1、2ヶ月
玉ねぎの冷凍保存期限:1~2週間
トマトの冷凍保存期限:1ヶ月
長ネギの冷凍保存期限:2週間
パプリカの冷凍保存期限:2週間
いんげんの冷凍保存期限:1ヶ月

野菜の冷凍保存方法 

       

もやしの冷凍保存方法;

ヤシのビタミンCを逃すことになるので、ジッパー付きの袋か
Pプラスに入れて、冷蔵庫保存。2~3日で使いきりましょう。

茹でてからの場合は、しっかり水分を落としてペーパーで拭き取り、
フリーザーバッグに入れて冷凍。

人参の冷凍保存方法;

根菜類は、風通しの良い冷暗所で保存。

切ったものはビニール袋にいれて冷蔵庫の野菜室で。
固めに茹でて、水気をきっちりとって、フリーザーバッグに入れて冷凍

キャベツの冷凍保存方法;

まるごと1個の場合は、ジッパー付きのバッグに入れて冷蔵庫へ。
刻んだものはジッパー付きバッグに入れるか、
ラップに包んで冷蔵庫に保存。

用途に合わせて、細切りなどして水切り、
ジップロックなどでしっかり平にして、アルミトレイに入れて冷凍

大根の冷凍保存方法;

葉付きのものは切り落とし、新聞紙などでくるみ、
ジッパーバッグに入れて、冷蔵庫に保存。
細切りにして、天日干しし切り干し大根にして保存。

すりおろすの場合は、絞って水気をしっかり取り、
フリーザーバッグかタッパーに入れて冷凍

いんげんの冷凍保存方法;

SPONSERED LINK

そのままビニールバッグに入れて、冷蔵庫に保存。
時間がたったものは、塩ゆでして、冷めてからバッグに入れて保存。

長ネギの冷凍保存方法;

泥付きは、新聞紙にくるんで、冷暗所に立てておくと保存がききます。
通常の店で売られているネギは、ラップに包み冷蔵庫に保存。
よく洗って、水気を残さず3~4センチに切って、
フリーザーバッグに空気も入れて冷凍。

玉ねぎの冷凍保存方法;

風通しの良い冷暗所に保存できる野菜です。
カットしたものは、ぴっちりラップして冷蔵庫の野菜室へ。
薄切りやみじん切りにして、炒めて冷まし、
ジッパー付きバッグに入れて薄く平らにして冷凍

トマトの冷凍保存方法;

ジッパーバッグなどに入れて、ヘタを下にして冷蔵庫保存。
青いものや、まだらなものは室温で赤くして、
バッグに入れて冷蔵保存。1~2週間持ちます。

1)生の場合はヘタを取り、フリーザーバッグに密閉して冷凍。

2)皮を湯剥きするなどして,種を取り、
細の目か、ざく切りにして冷凍にする。

またはミネストローネなどに調理して冷凍。
ミニトマトはフリーザーバッグに入れて、ヘタを取ってから冷凍。

パプリカの冷凍保存方法;

ビニールか、ジッパー付きバッグに入れて、野菜室に保存。
すぐ使えるようにカットしたものは、水気を切ってバッグに入れて保存。

1)生の場合、よく洗って水気をしっかり取り、
フリーザーバッグに入れて冷凍するか、料理しやすい大きさに切ってバッグに入れて冷凍。

2)お好みの食べやすい大きさに切って、茹でてバッグに入れて冷凍する。

いんげんの冷凍保存方法;

ヘタを取り固めに茹でてさまし、しっかり水気けをとって、
フリザーバッグに平らになるようにいれて入れて冷凍。

さいごに

いずれにしても、野菜は鮮度が命と言われています。
根菜類は冷暗所であれば、長期間保存可能なものもありますが、
葉野菜は、出来るだけ冷蔵、冷凍しないで、生のまま召しあがると、
新鮮さも栄養価も落ちずに、その野菜そのものの味も楽しめます。

SPONSERED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>